フェデリコ・エレーロ展 「ライブ・サーフェイス」

ワタリウム美術館

poster for フェデリコ・エレーロ展 「ライブ・サーフェイス」

このイベントは終了しました。

フェデリコ・エレーロ(1978年、コスタリカ、サンホセ生まれ)の作品が、世界のアートシーンに、登場したのは、2001年のベニス・ビエンナーレ。それは、廃虚に置かれた巨大な動物のペインティングでした。「何故こんなところに絵があるのか?」「まるでジャングルのなかの象?」 この作品は、ベニス・ビエンナーレ特別新人賞を受賞しました。
その後、彼は、各国で開催された多くの国際展やビエンナーレに参加し、2005年、愛知万博に招待され、「ワールド・マップ」という4つの世界地図を描いた池を発表しました。この絵画作品は、環境と水をテーマに描かれ、さらに、観客がじゃぶじゃぶと池(作品)に入り、自由に国境を超えて旅することができる「遊び場」という新しい機能を持っていました。
フェデリコ・エレーロは、今回の展覧会で、ぺインターという自分の役割を考えたいと言います。この「ライブ・サーフェス」というタイトルには、キャンパスを抜け出したペインティングが、建物の壁やさまざまな物体のサーフェス(表面)に移り、そこに新たな命を吹き込み、社会において別の機能を持つようになるという、彼の希望が込められています。

メディア

スケジュール

2005年10月29日 ~ 2006年02月26日

Facebook

Reviews

Ikuko Kohno tablog review

フェデリコ・エレーロ展 「ライブ・サーフェイス」

美術館には独特の張りつめた空気がある。図書館の静寂と、歯科医院の緊迫感が混ざったような、なんともいえない空気だ。それがある人にとっての落ち着く空間であっても、私にはいつまでたっても馴染めない。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use