生誕100年記念 難波田龍起展 ─ その人と芸術 ─

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 生誕100年記念 難波田龍起展 ─ その人と芸術 ─

このイベントは終了しました。

1905年(明治38年)8月13日に北海道旭川で生まれた難波田龍起(なんばた たつおき)は、高村光太郎との邂逅から美術に関心を抱き、昭和初年に本格的に画家を志すにいたりました。第二次世界大戦後は一貫して抽象絵画の探求に転じ、純粋に線と色彩が喚起させるイメージの構築を追求してゆきます。
1997年(平成8年)に92歳で亡くなるまでの長い生涯の間には、さまざまな出来事がありました。とくに70歳前後に、最愛の息子で同じく画家としての道を歩み出していた次男・史男(ふみお・享年32)と長男・紀夫(のりお・享年35)に相次いで先立たれるという不幸に見舞われますが、その苦悩を乗り越えた後に、魂の結晶とでも呼ぶべき、深い精神性をたたえた清澄、清明な心象風景という独自の画境に到達したのでした。
「描けなくなるまで描こう」という旺盛な制作意欲は、89歳のときに描いた畢生の大作《生の記録》に結実し、また、死を間近に控えた入院中も最後までペンを握り、一連の《病床日誌》を残しました。
当館が開館した1999年にも「生の交響詩 難波田龍起展 日本的抽象の創造と展開」と題する大規模な回顧展を開催して好評を博しましたが、本展では、生誕100年という記念すべき年に、作品と資料によってあらためてその足跡をたどろうとするものです。
寺田小太郎氏の寄贈による東京オペラシティコレクションを中心とした作品を横軸に、ご遺族のもとに保管されていた父・憲欽(のりよし)ゆかりの資料、青年時代の日記や詩作、高村光太郎が龍起に宛てた書簡集、未公開のスケッチブック、アトリエに残された遺品等を縦軸にして、画家・難波田龍起の人と芸術を振り返ることで、画家の創造の知られざる背景が浮かび上がることと思います。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2005年07月15日 ~ 2005年09月25日

アーティスト

難波田龍起

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use