アルプスの少女ハイジ展〜その作り手たちの仕事〜

三鷹の森 ジブリ美術館

poster for アルプスの少女ハイジ展〜その作り手たちの仕事〜

このイベントは終了しました。

名作アニメーション『アルプスの少女ハイジ』を、 作り手たちが何を考え作品制作に取り組んだか、ということに焦点をあてて紹介します。
『ハイジ』は児童文学を原作に、「子どもたちのために良心的な作品を」と企画され、 若き演出家・高畑勲と彼を支えたスタッフたちの仕事によって成功した作品です。
高畑はこの作品を映像化するにあたり、登場人物たちの生活を、アニメーションでしかできない表現で リアリティを持って、丁寧に描くということを考えました。そして若き作り手たちは、 良質な作品を生み出すため情熱を持って困難な仕事に挑戦し、全52話のTVシリーズを作り上げたのです。
展示では、スタッフの1人であった宮崎駿が当時を振り返って描きおこしたパネルや解説のほか、 貴重なロケハン資料を紹介し、ハイジの山小屋の暮らしを再現して、それまでのTVアニメーション ではありえなかった"日常の暮らし"がどのように描かれたのかを知ることができます。
この企画展示では、放送から30年以上たった今でも、世界中のファンから愛されている『ハイジ』の 魅力の源泉に迫ります。

メディア

スケジュール

2005年05月21日 ~ 2006年05月31日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use