ギュスターヴ・モロー 展

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for ギュスターヴ・モロー 展

このイベントは終了しました。

神話や伝説の世界を題材に、19世紀末のパリにおいて独自の耽美世界を構築した象徴派の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826−1898年)。その煌めく宝石のような作品は観るものを魅了してやみません。本展は、モローが作品と邸宅をそのままフランス国家に遺贈したギュスターヴ・モロー美術館の珠玉の作品を一堂に会し紹介するものです。名作「一角獣」「出現」をはじめとして、初期から晩年に至るまでの油彩、水彩、素描など全279作品で、孤高の世界を築き上げたモローの耽美世界に誘います。

メディア

スケジュール

2005年08月09日 ~ 2005年10月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use