町田久美 「à Sade-サドに」

西村画廊

poster for 町田久美 「à Sade-サドに」

このイベントは終了しました。

町田久美は、雲肌麻紙に墨、岩絵具などの日本画の素材を用いて、キューピー人形やおかっぱ頭の子供など昔懐かしい日本的なモチーフを、現代的な歪みや不安の漂う中に描き出します。作品にあらわれる独特の精緻な筆線は、墨で描いた細い線を幾度も重ねるというストイックな作業から生まれたものです。作家のこうした職人的な制作過程は一見無機質な画中にひそかな情熱を加えています。決してはみ出すことのない線に凝縮した、新しさと古さ、冷たさと熱さが混沌とした不思議な世界が町田の作品の魅力と言えます。
西村画廊では初の個展となるこの度の展覧会では、昨年平凡社より刊行されたホラー・ドラコニア少女小説集成シリーズの第三巻『淫蕩学校』(マルキ・ド・サド原作、澁澤龍彦訳)の挿画18点と新作10数点を展示します。

メディア

スケジュール

2005年03月15日 ~ 2005年04月02日

アーティスト

町田久美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use