シャービッド・サイモン・アレキサンダー 「もうひとつの世界」

HaNNa gallery

poster for シャービッド・サイモン・アレキサンダー 「もうひとつの世界」

このイベントは終了しました。

9月30日(土) PM5:00〜 シャービッドの来日にオープニングパーティがあります。

メディア

スケジュール

2006年09月30日 ~ 2006年12月24日

Facebook

Reviews

HaNNa: (2006-10-25 at 14:10)

And other tales…

刺繍の小さなスカルプチャー、ハンドメイドの服を組み合わせて体感できる 
おとぎ話の神話と民話を想い起こさせる世界をスペース。

刺繍はおとぎ話、ニュースなどの写真と、そして自分の想像から出してきたものを
組み合わせたものをベースにしています。

おとぎ話を読むように、直接的、倫理的なストーリーではなく
全体としてみると一つ一つの断片が互いに反応し合い、重なり合い、
不思議な世界に迷い込むことができます。

服もスカルプチャーも
インスタレーション全体の中にこだまし 同じような要素を含みます。

童話や民話には異なる文化でも同じ要素のある物語があります。
細かいディテールは異なっても、お話しの要素は同じです。
Kiss、毒、変身、動物の友達、裏切り。
これらの人間性の要素は、私たちの現実にも繰り返され、
国や文化の境界を超え、繰り返されるのです。

私がニュースの‘お話し’を聞くとき
これらの‘お話し’はおとぎ話や民話を連想されます。
けれどもニュース(現実)の‘お話し’は,悲しいことにおぼろげになっています。

(あえて‘お話し’というのは、もうよく知っている要素があり、
必ず聞いたことがあると信じ難いからです。)

トラックの後ろに引きずられたか、それとも馬に、だったか、
それともその男の子がゲイという理由だったからか、黒人だったからか、
また、場所がテキサスだったか、バルカンだったか、もう思い出せません。
ニュースを見ての 
‘今でもそんなことが!?’や、‘ここでも!?’という瞬間的に受けるショックが
脳裏に焼き付けられたものなのです。

今でも底に静かな理解が存在しています。それは‘まだこんなことが!?’‘ここでも!?’
どこでも、そして永遠に繰り返されるという現実です。
それらを私は表現したかったのです。       

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use