「球体写真二元論:細江英公の世界」展

東京都写真美術館

poster for 「球体写真二元論:細江英公の世界」展

このイベントは終了しました。

肉体や被写体との間に紡ぎだされる独特のストーリー性で“性”を追求する写真家・細江英公は、1933年3月、山形県米沢市に生まれ、幼少期より東京で育ちました。 父親の影響でカメラに興味を持った細江は、15歳のときにはじめて自分のカメラを購入し、18歳のときに米軍駐留施設で少女を撮影した「ポーディちゃん」で 「富士フォトコンテスト」の最高賞を受賞します。これをきっかけに、写真家を志し、東京写真短期大学(現・東京工芸大学)に進むと同時にフリーのカメラマンとして活躍した細江は、 1960年前後に「10人の眼」展や「VIVO」などでの作家活動を通じて、日本の戦後写真に新たな地平を切り開きました。主な写真集に、 “肉体と性”のテーマを正面から取り上げた『おとこと女』(1961)、三島由紀夫を被写体に“生と死”を追求した『薔薇刑』(1963)、 また舞踏家・土方を被写体として東北地方の土俗と霊気とユーモアを表現した『鎌鼬』(1969)、その他、『抱擁』(1971)、『ガウディの宇宙』(1984)などがあります。

本展では、初期の作品から1960年代を代表する「おとこと女」や「薔薇刑」、「鎌鼬」、70年代以降を代表する「抱擁」や「ガウディの宇宙」などシリーズに加えて、 これまでの個展では紹介されることのなかった「たかちゃんとぼく」、「おかあさんのばか」といった写真絵本を展示。新たな視点から細江英公の写真世界を考察しようという試みです。

関連トークイベントの詳細は、会場のホームページをご覧下さい。

【画像:「おとこと女 」 作品33 1960年】

メディア

スケジュール

2006年12月14日 ~ 2007年01月28日

アーティスト

細江英公

Facebook

Reviews

Bunmei Shirabe tablog review

『球体写真二元論 細江英公の世界』展

細江英公と土方巽、細江英公と三島由紀夫、細江英公と大野一雄…。本展覧会で強烈に印象付けられるのは、細江の卓越した写真技術はもちろんのこと、被写体との出会いも挙げられるであろう。写真において外すことのできない側面の一つが、この写真家と被写体との関係である。

donald_japantimes: (2006-12-14 at 13:12)

Chronicling an alternate Japanese history
By Monty DiPietro
Japan Times New Art Scene

One reason Hosoe trails Araki in recognition factor, and Hiroshi Sugimoto in auction prices, might be that unlike these other elders of Japanese photography, he has focused on themes that Japan would rather not deal with.
Hosoe's use of mixed-race couples and the roughly equal roles given to male and female subjects in these photographs also advanced an eroticization of the male that ran against the norm back then, and continues to even some 40 years later ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20061214md.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use