poster for レオン・ゴラブ 展

このイベントは終了しました。

このたび、2006年11月11日(土)より当画廊におきまして、アメリカ人作家、レオン・ゴラブの展覧会を開催する運びとなりました。ゴラブは、2004年82歳で逝去するまで数多くの展覧会に参加し、精力的に制作活動を続けました。1996年に妻であり作家のナンシー・スペロと共にヒロシマ賞を受賞し広島市現代美術館で二人展を開催して以来、日本では初めての個展となります。
戦後ニューヨークを中心とした抽象画を主流とする現代美術界にあって、ゴラブはモダニズムという制度にとらわれず、人間の内面を具象画によって表現してきました。1940年代からシカゴ・イマジズムというアール・ブリュット(生の芸術)や具象絵画を支持するグループの中心的な存在であったゴラブは、古代ギリシャやプリミティブ文化からインスピレーションを得て、戦士の闘争シーンなどを巨大なキャンバスと濃厚なテクスチャーによって現代に通ずる人間の葛藤、権力に対する対立や争いを表現してきました。1970年代になると、ベトナム戦争から影響をうけた『ヴェトナム』シリーズを発表。より具体的な社会問題を取り上げた
作品に移行し、1980年代からは、戦争にとどまらず社会に蔓延る暴力や社会問題を正面から取り上げ、暴動、人種差別、性差別、弾圧などをテーマにした『傭兵』シリーズや『尋問』シリーズを発表。絵の具を支持体に塗りこみ、溶液でそぎ落とすという作業を繰り返し、支持体の表面を皮膚のように表現することで、薄付きの絵の具とは裏腹に強いイメージを打ち出します。晩年は、一般メディアに登場する強烈なスローガンや犬や髑髏などシンボリックなモチーフを記号的に配置するより錯視的な表現になり、別れ、喪失、死などをテーマにした作品を発表。絵画を通して人間の暴力や権力に対する欲望を告発し続けたゴラブですが、反戦反暴力を訴えるだけにとどまらず、その作品は見るものに自分と社会との関係を強く再考させます。

オープニングレセプション: 11.11(土) 18:00-20:00

メディア

スケジュール

2006年11月11日 ~ 2006年12月22日

アーティスト

レオン・ゴラブ

Facebook

Reviews

Aneta Glinkowska tablog review

Leon Golub Exhibition: Interview with Martina Batan

This is an interview with Martina Batan of Ronald Feldman Fine Arts, New York. It was recorded at Wako Works of Art, where the Leon Golub exhibition was brought.

donald_japantimes: (2006-11-17 at 15:11)

Japan Times Art Brief
By Ashley Rawlings

His paintings are tormented and visceral, both in subject matter and technique: the figures he portrays are either sinewy, humiliated victims or their thuggish, laughing oppressors; their forms have been painted and scraped into the linen with rough brushes and sharp knives ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20061116b2.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use