日豪交流年2006 オーストラリア映画祭

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

日豪友好協力基本条約の署名30周年を記念する「日豪交流年2006」の本年、東京国立近代美術館フィルムセンターは、オーストラリア・フィルム・コミッションとの共同主催により、「オーストラリア映画祭」を開催します。フィルムセンターでは1980年の「オーストラリア映画の史的展望<1919〜1956> 」以来、26年ぶりのオーストラリア映画の特集上映となります。24プログラム41作品を上映する本映画祭は、日本におけるオーストラリア映画の上映としては、過去最大級のものです。
上映作品は、オーストラリア・フィルム・コミッションの助言により、フィルムセンターが選定しました。オーストラリア映画の歴史が明確にわかるよう、主に3つの時代から構成しています。

1.無声映画時代
キャンベラにある国立の映画音響保存機関ナショナル・フィルム&サウンド・アーカイヴ(NFSA)の全面協力を得て、オーストラリア無声映画の代表作を上映します。生演奏つきの上映となります。
2.「オーストラリアン・フィルム・ルネッサンス」の時代
戦後の停滞期を経て、ピーター・ウィアーやフィリップ・ノイスら新世代監督の登場で復興を果たした1970〜80年代初頭の作品群を再見します。
3.1990年代から今日まで
ポスト・ルネッサンス期から今日の新世代までの秀作を選んでいます。

上記の時代構成に加え、作品選択にあたっては、以下のテーマが意識されています。
1.日豪両国の関係や歴史を背景にしたもの
2.多文化国家である現代オーストラリア社会を描くもの
3.アボリジニ表象とその変遷を知ることのできるもの
4.女性監督作品
5.アニメーション

日本では未上映の作品、また上映されていても現在では見る機会の少ない作品を優先しています。また、開幕に際してはオーストラリア映画界の鬼才、ロルフ・ドゥ・ヒーア監督が来日、舞台挨拶を行う予定です。さらに、オーストラリア映画史の研究者による講演会を2回にわたって開催します。あわせてご期待ください。

■講演会(入場無料・通訳付き)

10月7日(土) 2:00pm (開場1:30pm)
クエンティン・ターナー(映画史家)
「オーストラリア固有のもの—ナショナル・シネマの始まりと終わり」
本講演会では、フィルムの断片のみ、あるいはスチル写真のみが現存する最も初期のオーストラリア映画についても、ビジュアル・プレゼンテーションを交えながら論じます。

10月14日(土)2:00pm (開場1:30pm)
エイドリアン・マーティン(映画史家)
「オーストラリア映画—広大な空間、そしてそれらをどうするべきか」
オーストラリアのみならずヨーロッパでも活躍する映画研究者・批評家である講師が、映像抜粋を交えながらオーストラリア映画の特色を語ります。

メディア

スケジュール

2006年10月03日 ~ 2006年10月29日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use