カレン・サリカス 展

アートフロントギャラリー

poster for カレン・サリカス 展

このイベントは終了しました。

デンマークの女性作家カレン・サリカスは、安らぎを作り出す造形家として注目を集め、ロンドン・NY・アテネなどで個展を開いてきました。
本展覧会の作品「ゲフィオンの息子たち」は北欧神話に登場する女神ゲフィオンに触発されたものです。その女神ゲフィオンと恋に落ちたスウェーデン国王は、彼女に対し1日で彫り起こせたすべての土地を彼女に与えることにしたという。そこでゲフィオンは息子たちの力を使うことにするが、強靭な4人の息子たちは雄牛に姿を変えたのでした。彼らがスウェーデンからデンマークに持ち帰った土地は、コペンハーゲンのある大きな島となったといわれており、スウェーデンの中央には同島と同じ形の大きな湖が存在しています。 北欧神話によるとこの4人の息子たちは自然界の4つの要素すなわち、水、火、地と空気を象徴しているとされています。サリカスが手がけたオリジナルの作品はその各要素を映し出した4つの個別ユニットから構成されています。
本展で展示されるユニットはウォーター・ルーム(水の部屋)であり、水が感情と友情の象徴として彫刻作品に描き出されています。
また会場に流される音楽、及びサウンド・デザインは米国人作曲家兼サウンド・デザイナー、ボブ・リケッツによるものでサリカスの作品・アートを身近に親しみを持って体験できるような環境を作り出すことに貢献しています。
デンマークの深い森や水辺の風景を思わせる、幽玄な世界をぜひお楽しみください。

メディア

スケジュール

2006年10月10日 ~ 2006年10月22日

アーティスト

カレン・サリカス

Facebook

Reviews

museo: (2006-10-17 at 13:10)

小さい会場なのに、それを感じさせないほど、
音と水と色と、、、本当に素敵でした。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use