特別展 最澄と天台の国宝

東京国立博物館

このイベントは終了しました。

天台宗は、平安京遷都から間もない806年(延暦25年)、桓武天皇の勅許(ちょっきょ)を得て開宗しました。宗祖・最澄(伝教大師)は、身分の差なく仏教はすべての人々を救うと説き、その教えは法然(浄土宗)、栄西(臨済宗)、親鸞(浄土真宗)など後世の諸宗派の開祖へも受け継がれ、1200年を経た現在も多くの人々の心を癒しています。
近年、寺社関連の展覧会は数多く開催されていますが、本展覧会は名宝を紹介するだけではなく、法華経、浄土信仰から密教にいたる天台ならではの奥深い教義と、その幅広い信仰が育んだ文化を伝えようというものです。
総本山である比叡山・延暦寺をはじめ全国の天台宗関係寺院の全面的なご協力を得て、国宝31件、重要文化財約100件を含む計166件を展示予定です。その中には、上野・寛永寺の秘仏・薬師如来像など、寺外初公開となる本尊仏も含まれており、量・質ともにまさに空前の展覧会にご注目ください。

メディア

スケジュール

2006年03月28日 ~ 2006年05月07日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use