poster for 山口晃 展

このイベントは終了しました。

山口晃の2年ぶりの個展を開催いたします。
近年ではCDジャケット、根津神社御遷座三百年大祭のポスター、新聞紙面での連載小説の挿絵を担当するなど様々な方面で活躍を続ける山口ですが、今回の個展では5~6年前からこっそり温め続けてきたという作品を実現させることとなりました。本展は10月30日より中京大学ギャラリーC・スクエアにて発表する作品を中心に、ミヅマアートギャラリー2F、5Fの2会場にて公開いたします。
山口の代表的なモチーフといえば合戦図、時制の混在、更には画面を埋め尽くすように描き込まれた街の鳥瞰図などがありますが、この度は良い意味で観客の予想を裏切るような作品になっております。これまで「みること」を意識し、観客を飽きさせないユーモアとシニカルさ、山口流文字などを画面上にほどこしてきましたが、今作品では図像を読み解く事から更に意識を広げて「絵を体験する」というテーマに挑戦いたします。

会場には四天王像が聳え立ち、結界を形成します。無機質な白く狭い道を抜け踏み込んだそこには、武器を持ち戦いに備えて命令を待つ何千何万の群集。あたかもあなたの命令を待っているかのような軍隊に囲まれ、あなたは何を感じ、どう行動するのでしょうか?作家としてデビューして早10年。今だからこそ発表できる、観客を驚かせる山口の新しい世界を是非ご期待下さい。

メディア

スケジュール

2006年12月05日 ~ 2007年01月20日
冬期休廊: 12月27日(水)~1月8日(月)

アーティスト

山口晃

Facebook

Reviews

Michael Balderi tablog review

Akira Yamaguchi "Lagrange Point"

Blindly following others and jumping on the horse's back…can be liberating. Who knows? Maybe you’ll end up grabbing it by the neck and making it behave. -Akira Yamaguchi

rakugaki: (2006-12-18 at 10:12)

Akira Yamaguchi's work never disappoint.There may be just a few paintings there, but each is huge in size, and his linework and the justapose of modern elements, like mecha..etc into each of the "deity", perched inconspicuously on different beast is just outstanding. And the highlight..I met and chat with him..he is so humble, despite his status in the japan contemporary art world.
Onlyy grouse I had.. wish there were more of his paintings to see and marvel at..

donald_japantimes: (2006-12-21 at 15:12)

Mizuma presents breakthrough installation
By Donald Eubank
Japan Times staff writer

Yamaguchi's untitled new work is a great direction for the artist to go. The subjects are untouched by modern elements, and the use of three dimensions in the venue -- excellently executed -- makes for a powerful piece. Let's hope he continues to use this kind of space ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20061221a2.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use