ジェニー・ホルツァー展

スカイ・ザ・バスハウス

poster for ジェニー・ホルツァー展

このイベントは終了しました。

ジェニー・ホルツァーは1950年米国・オハイオ州生まれ。現在NY州在住。70年代後半より自作のテキストを使用した、様々なメディアの作品を発表しています。その中でもLEDを使用した表現が代表的です。1990年にはベネチアビエンナーレにて金獅子賞を受賞、国際的な評価を不動なものとしました。1994年には水戸芸術館にて日本初の個展が開催されており、日本でも著名なアーティストの一人です。
本展ではホルツァーの代表的な表現方法であるLEDを使用したインスタレーションと、モノクロームの写真作品を展示します。インスタレーションは、84個もの小型のLEDサインがミニマルに配置され、それぞれ同じ内容のテキストが反復していきます。文字が空間に反響するかのように、暗闇の中を増幅していくイメージを醸しだし、言葉の表現だけでなく視覚的にも非常に迫力のあるプレゼンテーションとなります。
写真作品は、1996年から断続的に、各国の歴史的に意味のあるパブリックな場所で行われているXenonプロジェクターを使用したプロジェクト、「Xenon」シリーズの様子を記録したもの。テキストが次々に流れるように建物や海などに投影され、テキストのメッセージに加え普段とは違う演出を施すことによって、場所の持つ意味あいをさらに深めるパフォーマンスイベントです。写真はインパクトのあるプロジェクトの模様を伝えると同時に、作品としても完成度の高い見応えのある仕上がりとなっています。

メディア

スケジュール

2006年09月07日 ~ 2006年10月14日

Facebook

Reviews

inostill: (2006-10-04 at 23:10)

壁に無数に置かれたアルミ筐体のLEDのドットマトリクスに文字が走る。
ピンク、青、赤。筐体は10cmx10cm程度だろうか。
http://www.j-love.info/ino/archives/20061005_jenny_holzer_exhibition.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use