大竹伸朗 「ヤバな午後」

ナディッフ アパート

poster for 大竹伸朗 「ヤバな午後」

このイベントは終了しました。

大竹伸朗の原点であるドローイングの中から、人物(少々風変わりな男または女)が描かれた作品を選び、ギャラリーを構成いたします。

80年代の「ニューペインティング」のブームを背景にデビュー。ペインティング、コラージュ、スクラップブックなど圧倒的な存在感を示す厚塗りとマスキングテープを用いた張り重ねの作品群で、大竹伸朗は一躍スターになりました。その後、宇和島に居を移し、造船の技術でもあるFRPの技法を得、「網膜」シリーズほかを発表。また今ならFound Objetsとして位置づけられるような廃品の収拾を継続的に行い、「既にそこにあるもの」と名づけ、また、日本各地で風景ごと廃品化したような様々な場所を取材、スケッチしていく「日本景」シリーズに繋がっていきます。それは、確かな技量を持ち、ホックニーやピカソに心酔しながら、表現主義的なモダニズムを乗り越えていった過程でもあります。

「ヤバな午後」は、東京都現代美術館において行われる今までにない規模の展覧会「全景」展の開催に時期をあわせた、重要なドローイング・シリーズの展示です。また、同時にこれらのドローイングを収録した作品集『ヤバな午後』も刊行が決定しました。

メディア

スケジュール

2006年10月20日 ~ 2006年12月25日

アーティスト

大竹伸朗

Facebook

Reviews

frf_momo36: (2006-11-23 at 00:11)

ワタリウムの帰りにふらふらと商店街に立ち寄る。おしゃれな服・小物、とんかつ。ソフトクリーム150円で売ってる!安い。
ナディフを見つけて種類豊富な本やグッズをみて、作品をみる。
ぽわんとしていた空気が、作品からエネルギッシュなものを感じて払拭された。都現美では一体どれほどのエネルギーがあふれているんだろう。。。

sayama: (2006-12-02 at 13:12)

同潤会ギャラリーの展示に次いで、『全景』の予行として見に行った。
ともすれば乱雑な素描というイメージが、『全景』ではどう私の心に変化をもたらすか楽しみである。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use