MOTコレクション ー 1960年代以降の美術

東京都現代美術館

poster for MOTコレクション ー 1960年代以降の美術

このイベントは終了しました。

東京都現代美術館では昨年から常設展示を「MOTコレクション」と改称し、当館の所蔵品を新たな視点から見つめなおす試みを行っています。
2006年第1期−2期の「MOTコレクション」は1960年代以降の現代美術の紹介を行います。1960年代のポップアートから1970年代の東京国際版画ビエンナーレに出品された版画、1980年代にデビューした日本人アーティストの抽象絵画、そして1990年代のアジアの現代美術、2000年以降に制作された写真や絵画などを中心に展示する予定です。
また特集展示では2名のアーティストに注目し、所蔵品を中心にそれぞれの活動を紹介します。ひとつは吉田克朗による1970年代に制作された版画の展示です。もうひとつは中村一美による1980年代〜2000年代に制作された絵画の展示です。

会期:
第一期:2006年4月15日(土)〜7月2日(日)
第二期:2006年7月4日(日)〜9月24日(日)

メディア

スケジュール

2006年04月15日 ~ 2006年09月24日

アーティスト

吉田克朗中村一美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use