小島鳥水 「版画コレクション - 山と文学、そして美術」

横浜美術館

poster for 小島鳥水 「版画コレクション - 山と文学、そして美術」

このイベントは終了しました。

小島烏水(こじまうすい)(1873-1948)は、横浜に育ち、横浜商業高校(Y校)卒業後、横浜正金銀行の行員として勤務する傍ら、日本近代登山のパイオニア、紀行文学者、浮世絵研究者、版画コレクターとして実に多彩な活動を展開した、明治の横浜が生んだ稀代の文化人です。
横浜美術館には、900点近くにのぼる烏水旧蔵の版画コレクションや資料が収蔵されています。この展覧会では、そのなかから、烏水の西洋版画、浮世絵版画、明治
期の石版画のコレクション、烏水が支援した大下藤次郎、丸山晩霞らの水彩画など約250点を展示し、烏水の美術にかかわる活動の全貌を明らかにします。合わせて、烏水の著作や遺品など展示し、登山家、紀行文学者としての活動も紹介し、銀行員でありながら多くの分野で頂点を極めた烏水の人生そのものにもせまります。

関連イベントに関しては、ウェブサイトをご覧ください。

メディア

スケジュール

2007年01月22日 ~ 2007年04月04日

アーティスト

小島鳥水

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use