イサベル・ユペール展

東京都写真美術館

poster for イサベル・ユペール展

このイベントは終了しました。

フランスを代表する女優、イザベル・ユペールだけを被写体に、世界的に活躍する72人の写真家が撮影したポートレートを集めました。 イザベルは1955年、フランス・パリ生まれ。大学時代に演劇に興味を持ち、パリのコンセルバトワールで学び、1971年に映画「夏の日のフォスティーヌ」 でデビューしました。その後も数々の映画で活躍しています。撮影した写真家はリチャード・アヴェドン、カルティエ=ブレッソン、ロバード・フランク、 ヘルムート・ニュートン、ハーブ・リッツ、杉本博司ら72人。被写体は同じ人物でありながら、名だたる写真家がそれぞれの手法で撮影することで、 一人の女優であるにもかかわらず、さまざまな表情を見せます。こうした表情の変化は、役作りで雰囲気を変えられる女優が被写体だからというだけでなく、 写真家が表情を引き出していて、見る者を飽きさせません。この展覧会は2005年11月にニューヨークで始まり、パリ、ベルリン、マドリードを巡回。 東京展開催後も世界巡回は続きます。なお、展覧会と並行して7月15日(土)から21日(金)(7月18日(火)は休館)まで、 1階のホールでイザベル・ユペールが主演した映画「勝手に逃げろ/人生」(ジャン=リュック・ゴダール監督作品)、「いつか、きっと」 (オリヴィエ・ダアン監督作品)など6本を無料で上映します。

メディア

Facebook

Reviews

Aneta Glinkowska tablog review

Isabelle Huppert in Photographs

The Tokyo Metropolitan Museum of Photography is holding three photography shows this early Summer. I visited the museum the other day and looked at them all.

Megumi Matsubara tablog review

イザベル・ユペール展 Woman of Many Faces

タイトルと内容を初めて目にしたときは、軽い冗談のように感じた。「フランスの女優イザベル・ユペールだけを被写体に、72人の写真家が撮影したポートレイトを集めた展覧会」と言われても、ちっともピンと来なかった。

Megumi Matsubara tablog review

イザベル・ユペール展 Woman of Many Faces

タイトルと内容を初めて目にしたときは、軽い冗談のように感じた。「フランスの女優イザベル・ユペールだけを被写体に、72人の写真家が撮影したポートレイトを集めた展覧会」と言われても、ちっともピンと来なかった。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use