渡辺眸 「early works - 全共闘の季節 1968-69」

銀座ニコンサロン(ニコンプラザ内)

poster for 渡辺眸 「early works - 全共闘の季節 1968-69」

このイベントは終了しました。

1968年は世界が揺れた年であった。ベトナム戦争、キング牧師やロバート・ケネディが暗殺され、パリ革命が起こり、アポロが月に到着した。そして作者が写真を撮りはじめた年でもあった。新宿の街を、作者はカメラを持ってほっつき歩き、ときには居酒屋にストップしては撮りつづけていた。そんな日々が続いていた10月21日夜中、新宿駅周辺が群集で大混乱になっている流れに遭遇した。「国際反戦デー」に集まった群衆である。いままでメディアの情報として知っていただけのベトナム戦争が、群衆のひとりとしてリアリティとなった。機動隊のサーチライトが、揺れる群集の中からヘルメット群を照らし、シルエットとなって群れ、揺れていた。スチューデントパワーが始まっていたのである。この前後、作者ははじめて東大の本郷キャンパスに入った。そこで山本義隆氏(当時東大全共闘代表)に出会ったことが、作者が東大闘争を撮ることを決定的なものにした。バリケード内は地方からの学生、一般の人、高校生たちの出入りができる開放空間でもあった。そして東大のほか、京大や高校にも作者は出かけた。40年近い時を経たいま、記憶がだんだん遠のいていくなか、唯一残されたフィルムによって、新たな記憶、奥深くあった全共闘スピリットが引出されてきた。モノクロ40~50点。

メディア

スケジュール

2007年10月17日 ~ 2007年10月30日 16:00

アーティスト

渡辺眸

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use