poster for 佐伯洋江 展

このイベントは終了しました。

佐伯洋江は1978年大阪に生まれ、現在は京都を拠点に制作を続けています。初期から一貫してケント紙にシャープペンシルや鉛筆で描いてきた佐伯の作品群は、この数年の間に150点を超え、その表現世界は花鳥風月など自然を連想させるモチーフから新たな展開を見せています。ギャラリーでは2回目の個展となる本展には、横幅が3メートルを超える4点組の大型作品が出品されるなど、ギャラリースペースの空間と呼応した大小様々な新作が並びます。

大きく残された余白と対峙されて、蓮や蝶、蜘蛛などの不思議な形態が繊細な筆致で描かれている様子は、一見、和の趣が漂う。しかし目を凝らして見れば、シャープペンシルの均一な芯から繰り出される端正な形状のリズムには、平面的な広がりを前提とするグラフィカルな印象が感じられる。そうした和の風情と自動記述的な(もしくは自己増殖的な)グラフィカルな広がりとのアンビバレントな併合は、画面上に生み出される奇妙な風物をオブセッショナルな密度で描いていく佐伯の意識と感覚によって、実は意外にもこれまで私たちが目にしたことのない独創的な表現へと転化されているように思える。
大島賛都 『現代美術の展望 VOCA展2006 - 新しい平面の作家たち』 2006年、pp.34-35 より引用

オープニング・レセプション: 12月22日、17:00~20:00

[画像: Untitled (2007) Pencil and ink on paper 74.5 × 111cm]

メディア

スケジュール

2007年12月22日 ~ 2008年01月26日

アーティスト

佐伯洋江

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2008-01-03 at 17:01)

Japan Times Art Brief
By Donald Eubank

In clean lines over subtle washes, her latest works contain baubles of modern and traditional Japan — hair ornaments, high-heel shoes and handbags — seemingly caught in spidery hairballs.

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080103b1.html

flyingcircus: (2008-01-04 at 21:01)

Her imagery looks coming from illustrations on girly culture/fashion magazines typically featured latest street mode of London, like detailed pencil drawing with a little color and a little girly objects. Sometimes I can’t recognize these girly detailed drawing artists like Fukaya Etsuko in Roppongi Crossing. http://www.art-index.net/art_news/2006/08/fukaya_etsuko_natsumegiku_yama.html

These drawings tend to have common in their grammar, but I think that Hiroe Saeki’s drawings are more interesting in her structure. Her drawings have large white spaces making us to see the drawings with wide view, and we see the compositions of white and black first. But when we walk close to focus on black objects, we would find the detailed drawings on the field looked pale gray and some cute objects embedded there.
She would be conscious about these devices, different from other detailed drawing artists.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use