蒼鑫 x 朱冥 「アート・身体・インタラクション2」

埼玉県立近代美術館

poster for 蒼鑫 x 朱冥 「アート・身体・インタラクション2」

このイベントは終了しました。

今回のシンポジウムはアートが生成する場所、アートを鑑賞する方法について考えます。また中国の著名なアーティストを招いて、パフォーマンスと観客との対話、交流はどのように成り立っていくのかを体験します。そしてアートと身体とのインタラクションを通じて、新たなコミュニケーションを開きます。

概要
シンポジウム「アート・身体・インタラクション2」
蒼鑫Cang Xin(ツァン・シン)朱冥Zhu Ming(ヂュー・ミン)パフォーマンス

シンポジウム  14:00〜 埼玉県立近代美術館講堂
パフォーマンス 16:00〜 美術館の外、北浦和公園

メディア

スケジュール

2007年07月21日 14:00~

アーティスト

蒼鑫朱冥

Facebook

Reviews

Olivier Krischer tablog review

Performances by Cang Xin and Zhu Ming

On July 21st, a symposium followed by performances with Chinese artists Cang Xin and Zhu Ming, was held at the Museum of Modern Art Saitama.

Olivier Krischer tablog review

蒼鑫と朱冥によるパフォーマンス

7月21日、埼玉県立近代美術館で、シンポジウムと中国人舞踏家、 蒼鑫(ツァン・シン)と朱冥(ヂュー・ミン)による舞踏公演が開催された。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use