"Water" Exhibition

21_21 Design Sight

poster for "Water" Exhibition

This event has ended.

How can we use design to respond to and address issues related to our natural or social environments? 21_21 DESIGN SIGHT is dedicated to addressing themes that are rooted in everyday life.

21_21 DESIGN SIGHT director and graphic designer Taku Satoh is the curator/ director of this exhibition. Mr. Satoh has put together a team of experts from a wide variety of fields including anthropology, photography, lighting design, and design engineering. The water project is a result of extensive research and is not only an exhibition, but also an attempt to engage the five senses by creating different points of reference between design and water. The latter will be in the form of publications, websites, talk shows, and workshops.

This exhibition aims to not just be a display of new design, but rather an experiment in ways to "express water through design."

Please see the venue's website for details on special events. (English available)

[Image: "Water" exhibition logo]

Media

Schedule

From 2007-10-05 To 2008-01-14
Open Hours: 11:00-20:00. Closed on Tuesdays (except October 30th), New Year's Holidays December 30th to January 1st.

  • Facebook

    Reviews

    Noriko Yaegashi tablog review

    佐藤 卓ディレクション「water」

    潤いに満ちた水との出会いの場

    sirop: (2007-10-15 at 17:10)

    試験管に入ったヒントのメッセージ、超撥水加工の上でおどる水玉たちが面白かった。

    zazix: (2007-10-22 at 21:10)

    行ってきました!
    佐藤卓さんが情熱大陸に出られた後だったので、会場は大盛況。
    見て、触って、体験できる・・・五感をフル活用する展示会でした。
    http://ameblo.jp/zazix/entry-10052138039.html

    hasegawahiroshi: (2007-11-07 at 08:11)

    tomomi: (2007-11-18 at 00:11)

    私のおすすめは、雨の日に行くことです。
    http://www.ripplet.jp/ts/2007/11/water-exhibition/

    ramarama: (2007-11-29 at 11:11)

    超撥水紙皿と、メールしたテキストが足元を流れるもの。
    これは誰もが楽しめる作品だと思います。
    遊べて、そして、きれい。

    同じく遊べる展示としては、
    食券のボタンを押すと、
    その食べものを作るのに使われた水の総量が
    印字されてでてくる作品も。
    例えば牛丼なら、牛が飲んだ水もだけど、
    牛のえさを育てるのに使った農業用水も含むとか。
    なんかちゃんと計算できるのか疑問ですが、
    水を意識する、という点では優れた作品だと思う。

    井戸の水の中に映像が流れる作品が
    会場の大部分を占めていますが、
    これはちょっとありきたりではないかと。

    21_21は遅くまで開いているのが良いですね。
    仕事帰りにいかが?

    http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/2007/11/post_2ce9.html

    knkst: (2007-12-03 at 14:12)

    原研哉さんの「鹿威し」が一番印象的でした。
    試験管のぶつかる音と水滴たちがぱらぱらと広がって転がる様子がマッチしてとってもきれい…。

    kfuchita: (2008-01-05 at 01:01)

    撥水皿と獅子脅しとメールが面白かったです。
    メールの(  )は水森亜土と入れました。
    21_21の展示は現代アートでもわかりやすくていいです。

    nagueyari: (2008-01-14 at 23:01)

    最終日でかなり込んでいましたが、
    体のいろんな感覚で楽しめました。
    「水の形」を改めて感じられて新鮮でした。
    http://www.yarimizo.com/log/2008/01/water.html

    All content on this site is © their respective owner(s).
    Tokyo Art Beat (2004 - 2014) - About - Contact - Privacy - Terms of Use