志村立美 「'丹下左膳'から艶麗なる立美美人まで - 女性美を追い求めた55年」

弥生美術館

poster for 志村立美 「'丹下左膳'から艶麗なる立美美人まで - 女性美を追い求めた55年」

このイベントは終了しました。

本展は、志村立美(しむら たつみ)(1907~1980)の生誕100年を記念して開催する、初めての回顧展です。立美は、日本画家の山川秀峰に師事し修行をした後、挿絵画家としてデビュー。そして、林不忘の 連載小説「丹下左膳」の挿絵などによって、一流人気挿絵画家としての地位を不動のものとしました。

戦前においては、立美・岩田専太郎・小林秀恒の三人が「挿絵界の三羽烏」とうたわれ、花形挿絵画家として輝かしい一時代を築き、戦後も立美・専太郎は双璧とされ華やかに活躍、挿絵界の寵児となったのでした。そして晩年は日本画制作に専念し、美人画を追求し続けました。

本展では、挿絵原画・日本画・スケッチ・写真・遺愛品・関係資料等約500点の作品を展覧、立美の55年にわたる画業の軌跡をご紹介いたします。その全生涯を挿絵と美人画に捧げた、志村立美の世界をご堪能ください。

メディア

スケジュール

2007年01月03日 ~ 2007年04月01日

アーティスト

志村立美

Facebook

Reviews

Michael Balderi tablog review

Illustrating the Showa Period: Tatsumi Shimura

The defining point in the Tatsumi Shimura centenary show surfaces as history contravenes, leaving this popular artist to fall between the cracks. What factors condemn Shimura, an able and industrious illustrator, to the third tier?

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use