須田悦弘 展

ギャラリー小柳

poster for 須田悦弘 展

このイベントは終了しました。

「まずは木を彫ることが好き、そして植物が好き」と語る須田は、一貫して朴の木から植物を彫るという行為を続けてきました。そして「場所ありき」で制作をする彼は、その植物をいかに展示空間に置くか、その見せ方にも常にこだわり続けてきました。その展示方法には、須田の木彫を含んだ展示空間全体を作品へと変質させ、見過ごしていた空間を意識させる劇的な力があります。基本的には変わらない須田の作品の中でしかし、一つだけ変わり続けていること、それは技術です。今でも巧くなり続けていることが面白くて、彫ることに飽きることがない、という須田の手の技を見ることもまた大きな楽しみです。そのシンプルさ「巧さと美しさの追求」そして「好きなものしかつくらないし、好きな場所にしか置かない」という信念が須田悦弘の作品の強さなのです。

全て新作からなる本展ですが、自身「地道に、地味に同じようなことをやり続けるということが自分の役割」と語るように、今回の展示に於ても変わらず、須田の手による木彫の植物を楽しむことができます。須田作品のもう一つの重要な要素である展示空間としては、ギャラリー小柳が現在のスペースに移転後初の個展、新たな空間をどのように作品へと変化させるのかも見物です。

オープニング·レセプション 6月26日(火)18:00 -20:00 作家来廊

メディア

スケジュール

2007年06月26日 ~ 2007年07月28日

アーティスト

須田悦弘

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2007-07-17)

Japan Times Art Brief
By Donald Eubank

If artists are the new fingers, then Yoshihiro Suda is pointing in the corner ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070705b2.html

emgraphica: (2007-07-21)

木を彫って作ったものなんだ、と1週間あれほど念を押してから訪れたのに、やっぱりどうしても信じられない。「有り得ねぇ!」、と混乱のあまり笑ってしまう程、それはリアルなのだ。
http://emgraphica.txt-nifty.com/log/2007/07/post_4644.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use