ル・コルビュジエ 「建築とアート その創造の軌跡」

森美術館

poster for ル・コルビュジエ 「建築とアート その創造の軌跡」

このイベントは終了しました。

建築界の巨人、近代建築の始祖、20世紀最大の建築家−さまざまな呼称を冠せられるル・コルビュジエ(1887-1965)。彼はまた多くの絵画や彫刻を生み出した一人の画家でもありました。本展ではル・コルビュジエの人間としての魅力を通して建築、絵画、家具までの多彩な業績を約250点の作品で紹介し、これまであまり知られることのなかった素顔のル・コルビュジエ像に迫ります。

展覧会の冒頭に現れるのが、パリのアトリエを原寸大で再現した空間です。彼はここで毎日午前中は絵を描き、彫刻制作にいそしみ、午後になると建築の仕事のため事務所へ出かけました。このアトリエはル・コルビュジエの創造世界への入り口となります。ル・コルビュジエにとって絵画はインスピレーションの源泉であり、自己を探求する場でもあったのです。また、彼の建築の仕事は今も日本や世界中の人々に愛され、つねに話題となり、実際に見たい、体感したいと言われ続けています。本展ではル・コルビュジエの代表的建築や、都市計画を、彼があらわした理念とともに図面や大型模型、映像で紹介。さらに原寸大に再現した模型の中でル・コルビュジエの世界を実体験しながら家具や作品を鑑賞していただけます。

展覧会の最大の見どころとして再現した、集合住宅のマルセイユ・ユニテのメゾネットタイプ(2階建てアパートの内部)と彼の終の棲家で日本初公開となるカップ・マルタンの休暇小屋(ともにフランス)ではその中へ入り、住まうことを想像しながら全身でル・コルビュジエの空間を体感していただけることでしょう。

2007年はル・コルビュジエ生誕120周年となり、昨年には、彼が晩年まで手がけていたフィルミニー・ベールのサン・ピエール教会(フランス)が完成、また世界各地にあるル・コルビュジエの作品の数々をユネスコの世界遺産に登録しようという動きがフランスを中心に起こっています。この機に、本展ではル・コルビュジエその人をアートと建築の創造者という総合的な観点で紹介します。彼がめざした人間的な生活、彼が生命を吹き込んだ建築の本質とは何だったのでしょうか。偉大な建築作品の隣に存在する絵画や素描や彫刻がその問いの答えを導いてくれるかもしれません。

メディア

スケジュール

2007年05月26日 ~ 2007年09月24日

アーティスト

ル・コルビュジエ

Facebook

Reviews

Yuya Suzuki tablog review

ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造と軌跡

「コルビュジェは何よりもまず、芸術家である」

kosuke: (2007-05-27 at 22:05)

5月25日(金)に森美術館のル・コルビュジェ展に行ってきたのだが、展覧会の内容など、いわゆる美学観点からのレポートは他に譲るとして、気付いた点を一つ。
http://pincponic.blogspot.com/2007/05/blog-post_27.html

ourmuseum: (2007-05-28 at 01:05)

ル・コルビュジェ展に行ってきました。
http://ourmuseum.blog82.fc2.com/blog-entry-109.html

dadako: (2007-05-28 at 16:05)

Well worth going to see.
Amazingly they have built life-sized replicas of some of his buildings, which you are free to walk around, including a 2 story apartment and a house he built for his wife on modular principals.

Also, we are treated to some 3d renderings of his visions, thankfully never realised. Played with spooky music, offering a chilling insight to the Le Corbusier nightmare of social housing.

seds: (2007-05-29 at 00:05)

早速いってまいりました!

ル・コルビュジエ作品の原寸大の模型は必見ですね。
建築物は絵画や、写真とちがい
建物の建てられている環境も作品の一部なので
現地でみるのが最良ですが(えらそうですが。。ど素人です。。)
東京にいて、海外にあるル・コルビュジエ作品、しかも内部まで
歩き回れるのは非常に貴重です。

ZAPPLOG
ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡
http://dokudan.seesaa.net/article/43157894.html

taiyaki: (2007-06-07 at 02:06)

この機会を逃してはいけないと思います。
http://taiyaki100.blog12.fc2.com/blog-entry-364.html

chik: (2007-06-08 at 00:06)

6/6(wed)の午後に行きました。
すいていてゆっくり見ることができました。
当方素人ですが、いろいろ盛りだくさんで見ごたえがあって、
満足です。
http://blog.so-net.ne.jp/sp-natural/2007-06-07

koyonet: (2007-06-18 at 20:06)

http://blog.livedoor.jp/koyonet/archives/51044110.html


ル・コルビュジエに関する展覧会はこれまで本当に様々なところで展覧会が開かれていますので、今回の展示ではどういった新しい切り口があり得るのか、ということが気になっていました。

sprmario: (2007-06-30 at 20:06)

入場料以上の価値があったと思う。

http://d.hatena.ne.jp/bokuno-nou/20070630

azusan0707: (2007-06-30 at 22:06)

音声ガイドを無料で貸し出してくださっていたので、知識の無い私でも楽しめました。特に展示最後の音声ガイドは良かったです。

原寸大の復刻した部屋(二階建てもあり)に入れるのには、感激しました。コルビジュが人生最後の時間を奥様と過ごされた家の模型からは、温かみを感じました。

ramarama: (2007-07-01 at 11:07)

建築以外では、
木彫りのオブジェたちはとても良かった。
もっと他にもあるなら、沢山見たい!

http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/

hokkamuri: (2007-07-06 at 12:07)

トーキョー・アートロニカ
http://artronica.jp/mamc-le-corbusier/

emgraphica: (2007-08-04 at 12:08)

直線と面。四角、色、曲線。四角、四角。いちいち、ため息が、出る。


http://emgraphica.txt-nifty.com/log/2007/08/post_ce7c.html

tomoyo: (2007-08-12 at 06:08)

展示の中に、お家がある!感動しました。

inostill: (2007-08-22 at 00:08)

ずいぶん前からコルビジェと読むものだと思っていたのでコルビュジエと書かれると何となく違和感がある。というかぱっと読めない。
http://www.j-love.info/ino/archives/20070820_le_corbusier_art_and_architecture_a_life_of_creativity.html

shakuhachist: (2007-08-31 at 15:08)

ル・コルビジュエが最晩年につくった家が4.5畳の海辺の家だったのが、とても印象的でした。最後は”方丈記”の心境だったのでしょう・・・

guretiyo: (2007-09-13 at 11:09)

なかなか見ごたえのある展示会でした。
足を運んで損は無いと思います。

mod_masa: (2007-09-18 at 02:09)

作品量もたくさんあり見応えがある展示。
模型から絵画、彫刻、映像と展示趣向も様々。
中でもユニテの実物大の展示は内部空間に入って実際のスケールを体感出来る展示。キッチン部分は実物を移設したもの。
アトリエ、夏の小屋の実物大の展示もあり体験型が多いので行く価値大です。

mameo55: (2007-09-19 at 13:09)

http://apalog.com/tokumei/archive/85
「ル・コルビジェ展」は大盛況でした。

kyuuuu: (2007-09-19 at 19:09)

http://opqrst.exblog.jp/7465187/
都市についてのアート。

hiraking: (2007-09-24 at 09:09)

http://blog.hiraki.jp/archives/2007/09/19-203453.php
ル・コルビュジエ展のメモ(ギャラリー・トークを聞きながら)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use