「将来を見据えた目」展

Shiodomeitalia クリエイティブ・センター

poster for 「将来を見据えた目」展

このイベントは終了しました。

この展覧会は、ベネトングループのコミュニケーション・リサーチ・センター「FABRICAファブリカ」の展覧会として、パリのポンピドゥー・センターで企画され、2006年10月に同センターをスタート地点とし、2007年7月にはミラノのラ・トリエンナーレ・ディ・ミラノ、また同年10月には、中国の上海美術館へと続いていった巡回展です。海外でも大変話題になった展覧会がいよいよ日本では、Shiodomeitaliaクリエイティブ・センターに上陸いたします。
本展示会では、「ファブリカ」で実現された最も重要なプロジェクトが、様々な視点から一般に向けて公開されます。展示会は、ドキュメンタリー・プロジェクト(雑誌『COLORS』とルポタージュ)及び、実験的なプロジェクト(ビデオ、ヴィジュアル・コミュニケーション、インタラクティブ・インスタレーション)から構成され、インタラクティブ・インスタレーションでは、来場者自身が個人的な参加活動を行うことができます。

FABRICA ファブリカとは?
「ファブリカ」は、1994年にルチアーノ・ベネトンとオリビエロ・トスカーニによって設立された実験的で革新的なベネトンのコミュニケーション・リサーチ・センターで、「カルチャー」と「ビジネス」をつなげることを目的に、いまだかつてない方法で、世界中の100ヵ国以上で行われている実験的な活動です。イタリア・トレビソの近郊で、建築家・安藤忠雄によって改修・拡張工事の行われた歴史的な複合建築を活動拠点にしており、ファブリカは、世界中から集まる若いアーティストたちに対し、1年間にわたって、彼らがプロジェクトを実現できるようその場を提供しています。その分野は、グラフィック、映像、インダストリアル・デザイン、出版、ニューメディア、写真、音楽などにわたり、国際的な専門家チームのガイダンスの基に行われています。

メディア

スケジュール

2008年01月18日 ~ 2008年03月02日
2月11日(月)は開館。2月12日(火)、16日(土)は休館。

Facebook

Reviews

Aie Shimoguchiya tablog review

FABRICA LES YEUX OUVERTS 将来を見据えた目

ベネトンが贈る「ファブリカ」の展覧会が日本に上陸

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use