「北欧モダン: デザイン & クラフト」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「北欧モダン: デザイン & クラフト」展

このイベントは終了しました。

スカンディナヴィア半島に並ぶスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ヨーロッパへの玄関デンマーク ─ 「北欧」と総称されるこれら地域の国々は、異なる風土と文化をもっていますが、デザインに対するアプローチでは共通認識で結ばれ、北欧独自の優れた造形を築きながら豊かなライフ・スタイルを育んできました。
地理的にもヨーロッパ経済の中心からも離れている北欧諸国は、産業革命の到来、工業の発展、都市化、モダニズムの洗礼が決して早くありませんでした。これに厳しい気候、広大な自然、人口密度の低さがあいまって、人々は家に集い、自然に「居心地のよいインテリアに囲まれた生活」を志向するようになりました。北欧の近代建築・工芸は、機能性を重視した自然素材によるものが主流ですが、長い冬を明るく過ごすためにあたたかみのある「色」と「光」で彩られるという特質も見逃せません。

1940年代後半から60年代には産業振興が推進され、質の高い北欧の家具や家庭用品が世界的に広まります。デンマークのハンス・J.ウェグナー、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセン、スウェーデンのステイ・リンドベリ、フィンランドのタピオ・ウィルッカラ、アルヴァ・アアルト、カイ・フランクなどの個性的なデザイナーの活躍と独自にグッド・デザインを拓いた企業によって、この時代に「北欧モダン」と呼ばれるスタイルが形成されました。1960年代の後半には、ナチュラルな素材、簡素なフォルム、あたたかみのあるテイストが若者文化と共鳴し、ヴェルナー・パントンやエーロ・アアルニオの未来主義的なプラスティック家具、マリメッコのテキスタイル、現代工芸、新しい感覚のハンディクラフトが一世を風靡します。これらがアメリカやイギリスから世界へ広がり、日本においても高度成長の基盤として、北欧を手本にグッド・デザインの開発生産・輸出振興が模索されました。

伝統、機能、表現 ─ 三つの視点から黄金期の「北欧モダン」を回顧する本展では、普遍的でやさしいデザイン、おだやかで心地よいライフ・スタイルのルーツと展開を多角的にご紹介します。

メディア

スケジュール

2007年11月03日 ~ 2008年01月14日
年末年始休館日: 12月29日(土)-1月3日(木)

Facebook

Reviews

inostill: (2007-11-19 at 00:11)

展示そのものは、インテリアショップを見ているのに極めて似ている。
ただ、座ってみたい椅子に座れないw

イッタラの製品もかなり展示されていて、
ただし現在は売っていない物が大半。
カイ・フランクの器がやはり良い。
http://www.j-love.info/ino/archives/20071104_nordic_modernism_design_and_crafts.html

kotosa: (2008-01-14 at 13:01)

it's better to go to a good furniture shop than pay for this show!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use