「わたしいまめまいしたわ 現代美術にみる自己と他者」展

東京国立近代美術館

poster for 「わたしいまめまいしたわ 現代美術にみる自己と他者」展

このイベントは終了しました。

ときどき、自分というものの存在が、きわめてあやふやで頼りなく感じられることはありませんか?その不安のようなものは、どこからやってくるのでしょう。「わたし」というものが最初から存在するのではなくて、「他者」 — 社会に生きるほかの人々 — との関係の中でできあがっていくものだとするならば、今日わたしたちが感じる、めまいにも似た存在の不安は、ただのアイデンティティの問題にとどまらないはずです。
「他者」とのコミュニケーションのあり方や、わたしたちをとりまく現実を認識するあり方の変化にも目を向けてみましょう。 価値観が多様化し、それがインターネットなどの高度情報技術によって増幅されることで、「わたし」と「他者」との関係は幾重にも複雑なものとなり、そのために「わたし」という存在は、定めがたいものになってきたのかもしれません。
 しかし、このような混沌とした状況は、わたしたちが改めて「わたし」のあり方を考え直すチャンスでもあります。そのためには、ものを見ること、認識すること、そこから紡ぎあげた思考を他者に伝えること、そういったひとつひとつの行為を、繰り返し吟味する作業が不可欠です。そして、これらはまさに今日の美術における重要なテーマとして、多くのアーティストによって探究されてきました。
今回の展覧会では、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立国際美術館のコレクションを中心として、現代において「わたし」の根拠を問い、「わたし」を取りまく世界を認識し、「他者」との新たな関係を切り拓こうとする作品を集めて、それらを複数の視点からご紹介します。

ギャラリー・トーク
-担当キュレーター5人によるリレー式ギャラリー・トーク
日程:2月8日(金)
時間:18:00-19:30
場所:企画展ギャラリー
蔵屋美香(当館主任研究員)
三輪健仁(当館研究員)
鈴木勝雄(当館主任研究員)
保坂健二朗(当館研究員)
大谷省吾(当館主任研究員)
*以上は大まかな順序になります
参加無料(要観覧券)、申込不要

-「「写真と<わたし>」
日程:2月22日(金)
時間:18:00-19:00
場所:企画展ギャラリー
竹内万里子(当館客員研究員、写真批評家)
参加無料(要観覧券)、申込不要

[画像: 澤田知子「ID400 (#301-#400)」(部分)(1998) 京都国立近代美術館蔵 © Tomoko Sawada Courtesy: MEM]

メディア

Facebook

Reviews

kasuho: (2008-01-29 at 03:01)

 「わたし」というものが最初から存在するのではなくて、「他者」—社会に生きるほかの人々—との関係の中でできあがっていくものだとするならば、今日わたしたちが感じる、めまいにも似た存在の不安は、ただのアイデンティティの問題にとどまらないはずです(パンフレットからの引用)
 とは言え展示はアイデンティティの問題に収束しているように思えるのだが。少なくとも心身問題的な「わたし」、意識のハードプロブレムに挑戦するようなものはなかったと思う。提示の仕方次第ではそのような「わたし」に切り込んでいくこともできたのではないか、と思うが。他者との関係を重視しているのでそれは仕方ないのかもしれない。
http://d.hatena.ne.jp/kasuho/20080128/p1

hiraking: (2008-03-04 at 02:03)

メモ帳の覚え書きを写しておきました。
http://blog.hiraki.jp/archives/2008/03/04-015843.php

inostill: (2008-03-08 at 19:03)

優れた作品を見ていると
わたしたわしだわ、みたいな自分の価値のなさに
気づかされる事も無くはない。
http://www.j-love.info/ino/archives/20080306_watashiimamemaishitawa.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use