磯辺行久 「Summer Happening」

東京都現代美術館

poster for 磯辺行久 「Summer Happening」

このイベントは終了しました。

近年、信濃川流域で、自然環境の変化と地域社会の関係を主題とする作品を発表している磯辺行久(1935年−)。その半世紀におよぶ多岐にわたる活動を包括的に紹介する初めての個展を、継続的に日本の現代作家を紹介してきた当館で、開催することになりました。

1960年代に、ワッペン型のモティーフを反復させたレリーフや版画、そして古画を引用した重層的な構造の絵画を制作した磯辺は、50年代の抽象と、日常的なイメージをコラージュする60年代のポップアートを繋ぐ作家として評価されてきました。しかし60年代半ばに渡米後、新たに環境計画を学んだ磯辺は、以後現在に至るまでこの分野のパイオニアとして活動することになります。身近な生活環境の中で造形的実験を行ったのが60年代前半であるとすれば、その後一貫しているのが、より広い自然環境を射程に据えた活動であると申せましょう。

本展では、磯辺が自らをとりまく環境を表現したものを「ランドスケープ」と捉え、半世紀に互る、多様なアプローチの変遷を辿るものです。その際、コミュニティや自然環境へと関心をシフトさせたニューヨーク時代のハプニングをはじめとする多面的な活動の記録にも光を当てる予定です。展示室中央の吹き抜けには、1970年の第1回アース・デーのために制作したエア・ドームを再現し、当時の映像を上映します。美術家/環境計画家として、より広い鑑賞者を対象とした新たな表現を求める軌跡は、現代社会における美術、あるいは表現というものを相対化し再考させる契機となるでしょう。

関連イベントの詳細に関しては、イベントの専用HPをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2007年07月28日 ~ 2007年09月30日

アーティスト

磯辺行久

Facebook

Reviews

yumisong tablog review

磯辺行久 「Summer Happening」

時代の移り変わりと共に作風に変遷が見てとれる活動家

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use