「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展

原美術館(東京)

poster for 「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展

このイベントは終了しました。

ヘンリー  ダーガー(1892〜1973)は、両親との早すぎる死別、知的障害という診断と施設への収容などを経て、青年期から81歳で亡くなるまでの間、完全な孤独の中で、膨大な量の物語と絵画を制作しました。人目に触れることもなく描きためられた作品群は、家主であり、自身も芸術家としてシカゴにおけるニュー バウハウスの中心的存在の一人であったネイサンラーナーに託され、その慧眼により、没後の損失を免れることになります。専門家による調査研究の機会を得て、現在、ダーガーの作品はアウトサイダー アートの専門館に収蔵されると同時に、展覧会が世界の主要な美術館へ巡回されるなど、近年ますます関心の高まるところとなっています。

本展は、ラーナー コレクションの中から、大作「The Battle of Calverhine」や自作の物語を描いた絵画15点(注1)、および想像上の王国の旗や架空の生き物を描いた小品約30点を選んで構成するもので、その多くが日本初公開となります。さらに、生前の孤独な暮らしぶりを伝える部屋を写真で紹介、また、生前には家主として精神的に支え、没後にはその才能を世に知らしめることに尽力したネイサン ラーナーの制作の一端も交え、孤高の表現者ダーガーの生きた軌跡を辿り、その内面に迫ります。ダーガーの作品は、戦争、平和、差別や命の尊さといった、まさに日本の現代社会が抱えるさまざまな問題を内包しています。本展は、その知られざる表現世界の紹介を通して、生きることの意味や芸術の役割について、改めて考える機会としたいと考えます。 

(注1:24イメージ、一部作品は両面に描かれています。)

ギャラリーガイド
日・祝日には当館学芸員によるギャラリーガイドを行います
(14:30より30分程度)

【画像:Henry Darger; Copyright: Kiyoko Lerner】

メディア

スケジュール

2007年04月14日 ~ 2007年07月16日

アーティスト

ヘンリー ダーガー

Facebook

Reviews

Kumiko Odaka tablog review

ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園

ダーガーの作品には得体の知れない不条理な魅力がある。この感覚をどうして言葉に置き換えればいいのでしょうか。言語化できない「何か」が、彼の作品に触れた時に生まれてくる、そう感じずにはいられない展覧会であった。

mcai66: (2007-04-21 at 14:04)

donald_japantimes: (2007-04-26 at 12:04)

Naive or normal?
Take a peak inside Henry Darger's mind
By C.B. Liddell
Special to The Japan Times

If Darger had been just a normal artist, then his pictures of flowers and girls, with the occasional atrocity, would be some great, pointless, ironic joke. It's the lack of a punch line that makes these absurd paintings truly moving ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070426a1.html

taiqi: (2007-05-04 at 22:05)

おもしろい。ちょっと怖かったけど。絵の向こう側にいたダーカーを思うと怖かったけど。

http://witman.vox.com/library/post/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E5%B1%95.html

suzukisan: (2007-05-06 at 16:05)

執念を感じます

mari_chiquitita: (2007-05-30 at 21:05)

Girls, flowers, colorful creatures, horses, and adult men fighting under the sky filled with some solid clouds - once you step into the room, you step into Darger's world. Some girls have penises, others have goat horns growing from their heads. Their faces appear innocent, mindless, anxious, and some times suffering.

It first looks like an innocent fantasy world, then you realize some realistic cruelties happening there. What you see in his paintings is the reality that was perceived & processed in his mind. Did he ever expect that his world would be revealed to so many eyes in public?

There is something about unintentionally displayed art that is highly intriguing. Vierwers become witnesses of masterbation of the solitude artist that was supposed to be hidden.

It is very sinful, yet dangerously pleasurable experience to see such art works.

taiyaki: (2007-06-05 at 22:06)

mayushe: (2007-06-29 at 11:06)

Found similarities with Michel Gondry's works.
http://www.flickr.com/photos/alternative/642412993/

maiko: (2007-07-01 at 00:07)

彼の頭ん中を全部さらけ出した彼の作品は、作風に見合わず生のエネルギーを感じます。
それは、彼の脳みその隅々までを作品に表出し表現したかのようです。
人間の記憶は更新され続けるけれど、記憶は掻き消されていくことではないことを教えてくれます。

hokkamuri: (2007-07-09 at 16:07)

トーキョー・アートロニカ
<「ヘンリー・ダーガー」は私の憧憬なのかもしれない>
http://artronica.jp/henry-darger-my-yearning/

hiraking: (2007-07-12 at 23:07)

詩人になるには、自称詩人以外の要件ってあるんだろうか。
http://blog.hiraki.jp/archives/2007/07/08-131829.php

m_m1941: (2007-07-16 at 17:07)

松代守弘の展示日記
http://blog.goo.ne.jp/m_m1941/

ダーガーはネイサン・ラーナーという紹介者を得たことが、現在における芸術的評価につながっているわけで、また今回の展示はラーナーの存在にも光を当てているところが「肝」なのだが、まぁその辺のあれこれについては専門家による解説がなされているので、自分などがこの場でどうこう言うようなものでもないだろう。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use