「特集陳列 拓本の世界 槐安居(かいあんきょ)中国碑帖コレクション」展

東京国立博物館

このイベントは終了しました。

大正から昭和の初期にかけて、日本では数寄者(すきしゃ)がこぞってお茶道具を購入するなか、中国の文化に関心を持ち、中国書画の収集に心を砕いた人物がいました。その1人の実業家の高島菊次郎氏(1875〜1969)のコレクションは、戦前から各種の刊行物に掲載され内外に喧伝されました。

東洋館の開館を控えた1965年、氏はその300余件にのぼるご愛蔵の書画を当館に寄贈されました。中国書法史上の名品が少なくないこのコレクションは常に東洋館の陳列を支え、今なお多くの愛好者・研究者の渇を癒し、貴重な資料を提供しています。

今回は三井記念美術館、台東区立書道博物館と当館の3館のそれぞれの館で所蔵する碑帖の優品を同じ時期に展観いたします。

■関連イベント
-ハンズオン体験コーナー「コピーの元祖『拓本』体験」
本特集陳列にあわせ、展示期間中、表慶館の教育普及スペース「みどりのライオン」体験の間では、展示作品を題材に、昔の中国の文字を写し取る簡単な拓本体験ができます。板の上に紙を置いてこすると、皆さんの知っている漢字が浮き出てきます。

-月例講演会「拓本入門 −中国碑帖の魅力−」
講師: 列品室長 富田淳
会場: 平成館大講堂にて
日時: 6月2日(土)、13:30~15:00(開場13:00予定) 
定員: 380名(当日先着順)

-イブニングレクチャー「拓本の世界」
講師: 三井記念美術館学芸員 樋口一貴氏、台東区立書道博物館研究員 鍋島稲子氏、列品室長 富田淳
会場: 表慶館、対話の間
日時: 5月11日(金)、18:00~19:00
定員: 80名(事前申込制、4月23日必着)

-ワークショップ「親子で拓本に挑戦」
会場: 表慶館、創作の間
日時: 5月19日(土)、6月10日(日)、13:00~17:00 
定員: 各回10組(事前申込制、5月7日必着)

メディア

スケジュール

2007年04月17日 ~ 2007年07月01日

アーティスト

高島菊次郎

Facebook

Reviews

indigogray: (2007-06-03 at 06:06)

久しぶりに東洋館をひとめぐり。
米芾の「風神」という字がたいへん格好よかったです。
絵葉書とかにプリントされればいいのにな。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use