石田徹也 「悲しみのキャンバス」

静岡県立美術館

poster for 石田徹也 「悲しみのキャンバス」

このイベントは終了しました。

石田徹也は1973年に焼津市に生まれ、静岡県立焼津中央高校を経て、武蔵野美術大学を卒業後、東京にて精力的に絵画の発表を続けてきた。2005年5月に東京の町田付近にて踏切事故にあい、不帰の人となった。NHK「新日曜美術館」にて紹介後、多くの鑑賞者に衝撃を与えることとなった。
石田徹也の作品はキャンバスに石田個人の実生活からイメージした世界を描くが、描かれた世界は非現実な世界のように見える。けれども自らが選んだ自画像とも思える描写は日本の社会における個人の人権の尊さ、学校教育の問題、管理された日本の社会の構造を痛烈に批判し、人々の心の問題を表現している。少年の犯罪や児童殺傷事件が社会問題となっている今日、石田徹也は弱者である少年や児童の心のよりどころを自己の問題として捉えて、絵画によって表現することで、現代人の心の奥底に潜む「痛みや悲しみ」を描いた。

特別講演会:「石田徹也の視線、石田徹也への視線」
8月5日(日)午後2時~4時
講師:山下裕二氏(明治学院大学教授、美術評論家)
当館講堂にて、聴講無料、申込み不要

【画像:「無題」2003年 45.5×53cm アクリル、カンバス 個人蔵】

メディア

スケジュール

2007年07月24日 ~ 2007年08月19日

アーティスト

石田徹也

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use