「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」

国立新美術館

poster for 「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」

このイベントは終了しました。

クロード・モネ(1840―1926)は、我が国においてもっとも人気の高い画家の一人です。その人気から各美術館の看板作品となっていることが多く、アンケートなどでも「ぜひ見たい」展覧会としてモネ展は筆頭にあげられます。

本展は2007年1月に東京・六本木にオープンする国立新美術館の開館を記念して企画されました。フランスのオルセー美術館が所蔵するモネの名作をはじめ、アメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館など、国内外の主要なコレクションから100点近いモネの作品が一堂に会する世界的にも稀にみる大規模なモネ展となります。さらに、モネの影響を受けた現代作家たちの作品を、モネの“後継者”として約20点展示します。質、量ともに最大級を誇る、「大回顧展 モネ」。ぜひご来場ください。

関連イベントに関する詳細はイベントホームページをご覧下さい。

【画像:「日傘の女性」 1886年、オルセー美術館 Photo:RMN】

メディア

スケジュール

2007年04月07日 ~ 2007年07月02日
5月1日は開館。

アーティスト

モネ

Facebook

Reviews

mminazuki: (2007-04-15 at 12:04)

 国立新美術館の「モネ大回顧展 印象派の巨匠、その遺産」に行ってきた(7月2日まで)。
東京ミッドタウンがオープンして間もないので混んでいるかと思ったら、そうでもない。すぐに入れた。
http://minazuki-branch.cocolog-nifty.com/review/2007/04/post_c915.html

ourmuseum: (2007-04-30 at 05:04)

オープンして約3ヶ月経っている国立新美術館は、それほど混んでいませんでした。
でも連休中は午前中入館した方がベターです。
http://ourmuseum.blog82.fc2.com/blog-entry-103.html

madargallery: (2007-06-11 at 00:06)

国立新美術館にて開催中、「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」に行ってきました。
さすがに土曜ということもあり、会場は人でいっぱいでした。
100点近いモネの作品という大規模なモネ展。
かなり見応えはありました。
作品はからは、涼しい風が吹いてきそうな・・・、そんな作品でした。


vaca: (2007-06-13 at 20:06)

「見えるか見えないかわからないもの」を見る人、モネ。

http://www.rockasho.com/naka/archives/003464.html

hokkamuri: (2007-07-02 at 23:07)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use