「銅版画の地平V: 永遠の交響詩」展

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

poster for 「銅版画の地平V: 永遠の交響詩」展

このイベントは終了しました。

浜口陽三を軸に、銅版画の可能性を探る企画展「銅版画の地平」シリーズは、今年5回目を迎えました。記念すべき今回は、戦後の版画界をリードしている銅版画作家・中林忠良氏を顧問にお迎えしました。銅版画の内包する表現力は、夜空のように広く、果てがありません。その中でも象徴的な題材である、時を越えたテーマ、崇高なモチーフを得手とする点は、他の技法にない特色といえるでしょう。銅板は作家の思想を受け、形にならないような遠く遥かなもの、人智を超えた運命的なものまで、無尽蔵に映し出します。銅版画の原点に立ち戻り、木版画や石版画では表せない、銅版画ならではの深遠な表現を、現代に活躍する5人の銅版画作家の作品を通して紹介いたします。銅版画界を牽引する中林忠良の哲学的な転位シリーズ、宇宙時代にふさわしい清塚紀子の航跡、安藤真司の動植物の命、白木ゆりの音楽、宮井里夏の光。これら天界のスケールを秘めた作家達の、近年の作品をお楽しみください。

■オープニングトークセッション 「銅版画の魅力」
司会 : 中林忠良
出演 : 中林忠良、安藤真司、宮井里夏、白木ゆり
7月7日(土)、14:00~15:30
参加費 : 500円+入館料
定員 : 80名 予約制
同日15:30からレセプションを開催します。引き続きお気軽にご参加ください。お申し込みは電話かファックスでお願いします。

■銅版画体験教室開催 7月21日(土)、14:00~17:00
講師:江本創
お申し込みはこちらをご覧下さい。

【画像:中林忠良 「転位 '04-地-I」 2004年 (エッチング、アクアチント、ドライポイント)】

メディア

スケジュール

2007年07月07日 ~ 2007年09月30日
夏期休館:8月9日~8月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use