「Project N 31 山口聡一」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「Project N 31 山口聡一」展

このイベントは終了しました。

山口聡一は、まだ東京藝術大学2年生だった2006年3月、「GEISAI#9」で最高賞の金賞を受賞しました。このとき出品された1点が「舞舞しぐれ」です。サイケデリックともいえる鮮烈な色彩は日本人離れした印象を与えますが、それ以上に、ひときわ異彩を放っていたのは、まるでロールシャッハ・テストさながらの左右対称(シンメトリー)の基本構図でした。同年に描かれた作品群ではこのロールシャッハ風の構図がいわばトレードマークになっています。

[画像: 「フカしぎよぞら」(2007) 寒冷紗、膠、ジェッソ、アクリル、パネル 80.3 x 116.7cm]

メディア

スケジュール

2007年11月03日 ~ 2008年01月14日
年末年始休館日: 12月29日(土)-1月3日(木)

アーティスト

山口聡一

Facebook

Reviews

inostill: (2007-11-19 at 00:11)

ショッキングな色合い+隠れているエロさに軽いショックを受ける作品群。好みではないのに無理矢理惹きつけられる。。

flyingcircus: (2008-01-04 at 19:01)

I thought the artist would be a religious disciple of the Super Flat manifesto like attempting to show the feeling of merging layers, make the viewer’s eyes move on the surface and squeeze the images of Japanese old master pieces with vague reasons.
(I actually found that he was the winner of Geisai.)

His paintings are well done as if he has asked approvals for each element like colors or trendy symmetry or whatever. And it would be fun that children with the wallpaper printed his paintings would develop their visual sensation differently.
But his paintings remind me art prep students who are dexterous but need teacher’s approval. They are nice but timid.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use