「建築の記憶 - 写真と建築の近現代」展

東京都庭園美術館

poster for 「建築の記憶  - 写真と建築の近現代」展

このイベントは終了しました。

建てられた地から動かすことのできない建築は、実際にそこを訪れない限り見ることはできません。また様々な理由により形を変えられてしまったり、時代の変化とともに失われてしまうこともあります。したがってわたしたちの建築体験の多くは写真によるものなのです。建築家の意図を的確に反映し、表現してくれる写真により、建築は多くの人々に共有され、歴史の中で普遍化されていきます。そして写真は、時として建築家自身も気づかなかった建築の新たな魅力を引き出してくれることもあります。展覧会には、記録として撮影された明治期の建築写真から、建築の魅力を独自の表現で切り取った現代の写真まで、約400点を7章構成によって展示します。竣工写真のみならず、構想段階である建築の模型を撮影した写真なども展示し、建築家の構想から現実化へのプロセスも紹介します。本展は、近現代の日本の建築を、同時代の写真家がどのようにとらえたかを辿りながら、建築史と写真史の変遷と接点を概観する試みです。これまで語られることのなかった建築と写真の関係を見据える視点を提示し、写真をとおして、それぞれの時代の建築に対する人々のイメージを検証します。

記念講演会
日時:2月16日(土)14:00~15:30
講師:畠山直哉(写真家)×古林豊彦(伊東豊雄建築設計事務所) 
演題:「アンダーコンストラクション」 

日時:3月8日(土)14:00~15:30
講師:松隈 洋(京都工芸繊維大学准教授)
演題:「遺産としての建築写真」 

いずれも会場は新館大ホール。
13:30開場。定員250名(先着順、無料、事前予約は必要ありません)

※その他のイベントについてはイベントHPをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2008年01月26日 ~ 2008年03月31日

Facebook

Reviews

sashanihon: (2008-02-18 at 18:02)

fotografía arquitectónica japonesa
http://blog.larranaga-portfolio.com/2008/02/post_22.html

takatokyo: (2008-03-02 at 16:03)

donald_japantimes: (2008-03-21 at 16:03)

Capturing fleeting forms
By Michael Dunn
Special to The Japan Times

Even Kyoto — spared the Allies' bombs in World War II — has been almost completely ruined thanks to the Marx-inspired bureaucrats who in their wisdom dish out building permits. Thousands of old town houses traditionally designed for comfort in all seasons were destroyed throughout the 1970s and '80s, to be replaced with junk buildings only habitable for much of the year due to air conditioning and central heating ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080320a1.html

nifunifa: (2008-03-27 at 14:03)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use