安藤忠雄 「2006年の現場 悪戦苦闘」

21_21 DESIGN SIGHT

poster for 安藤忠雄 「2006年の現場 悪戦苦闘」

このイベントは終了しました。

21_21 DESIGN SIGHTのオープニングにあわせ「安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」を開催します。本格的な企画展を前に、完成直後の建物を公開することにより、建築空間そのものを体験していただく試みとなるこの企画では、建築模型・写真・ドローイングなどを併せて展示し、完成までのプロセスを紹介します。

21_21 DESIGN SIGHT の舞台となるこの建物を設計するにあたり、建築家 安藤忠雄が追求したのは、日本の顔としての建築でした。地上1階、地下1階からなる建物は、大小ふたつのギャラリーを含む空間のほとんどが地下にあり、外観から受ける端正な印象は、ダイナミックに広がる内部空間を体験するとがらりと変わるでしょう。

関連企画:
「東京ミッドタウンフォーラム 21_21 DESIGN SIGHT トークセッション」
第一部 安藤忠雄 × 三宅一生(モデレーター:森山明子)
第二部 佐藤 卓 × 深澤直人 × 川上典李子

■日時:4月1日(日)15:00開演(14:30会場)17:45終了予定
■会場:東京ミッドタウン・ホール Hall A
■入場無料(先着500名様、事前予約制)
■お申込方法:官製ハガキに、住所・氏名(フリガナ)・年齢・職業・性別・電話番号・人数(お二人まで)を明記の上、〒107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウンマネジメント(株)「東京ミッドタウンフォーラム」係までお申し込みください。または、東京ミッドタウン ウェブサイトをご覧ください。
招待状の発送をもって発表に代えさせていただきます。
■お問合せ:東京ミッドタウンフォーラム事務局 tel. 03-5419-7877

PHOTO:MASAYA YOSHIMURA/NACASA&PARTNERS, Inc.

メディア

スケジュール

2007年03月30日 ~ 2007年04月18日
開館時間:11:00-21:00

アーティスト

安藤忠雄

Facebook

Reviews

David Willoughby tablog review

Signature Ando: A Look at 21_21 Design Sight

For the love of concrete, they came. To lay hands on it, caress it, feel its cool exposed indifference; to pit their body's strength against it and inevitably lose. These are the crowds for the opening of 21_21 Design Sight in Roppongi's Tokyo Midtown complex.

pbyjp: (2007-03-31 at 14:03)

Overall, interesting exhibition (with bilingual captions on all works). But one has to wonder why a museum's opening exhibition would be about... its own construction... At best, that kind of exhibition usually gets shown for free in a room adjacent to the main opening exhibition...

Photographers, be aware, it seems the museum doesn't like people who enjoy the museum's design and apparently they don't need the free PR they could get by letting us share pics of it on the web... Beats me...

More shots of the museum and current exhibition, see Jean Snow's pics:
http://www.flickr.com/photos/jeansnow/sets/72157600036467338/

koyonet: (2007-04-06 at 12:04)

荒削りなメモが走る現場図面やラフスタディ模型、詳細検討模型が大量に展示され、案の変遷がよく分かるとともに設計にかける膨大なエネルギー、スピード感が伝わってくる、非常に緊張感のある展示になっていました。

http://blog.livedoor.jp/koyonet/archives/50980203.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use