第8回SICFグランプリ佐藤誠高 「ニュートラル グレイ」

スパイラル

poster for 第8回SICFグランプリ佐藤誠高 「ニュートラル グレイ」

このイベントは終了しました。

2007年5月に開催された第8回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)のグランプリ受賞者、佐藤誠高の展覧会です。

佐藤誠高がSICFに出展した作品は、一見写真とも見間違えるほど高度な技術でリアルに描写した絵画です。描く対象には、若干の歪みが加えられているので、鑑賞者に違和感を感じさせます。

「ニュートラル グレイ」展では、"赤ちゃん"と"女子高生"を題材とした大型の新作、3作品を発表します。展覧会のタイトルにある「グレイ」は、確かなものとして見ている世界が、実は不確かなものであることを発見する、そのときの違和感や曖昧さを表しています。

SICFでは作品を目にして、思わず立ち止まり凝視する来場者の様子が多く見られました。写真と絵画というメディアの間を往還していること、人工的に加えられた歪曲によって生じた「ズレ」がリアリティと表現といった様々なアートをつなげる要素を孕んでいることが高く評価されました。

「"写真-絵画" "現実-非現実" "自然-人工"といった対極的にあるそれぞれの項目の境界を曖昧なものとし、一つの世界、一つのものの中にバランス良く融合されることを意識して制作しています。それぞれの項目のどちらの意味とも解釈できる、またはどちらとも言い切れない微妙なバランスで融合させることにより作品の中に"違和感" "曖昧さ" "矛盾" "歪み" 等といった抵抗感が表出するのではないか。”赤ちゃん”や”女子高生”のような活発で無邪気なイメージを題材にすることで、より違和感が強調されるのではないか」と佐藤は語ります。私たちを取り巻く現実を「みる」行為について、改めて考えるきっかけを与えてくれる作品です。

[画像:「2人の女性」(2006) 鉛筆、チャコールペンシル、アクリル、 81 × 116.7cm]

メディア

スケジュール

2007年10月27日 ~ 2007年10月30日

アーティスト

佐藤誠高

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use