アルベール・アンカー 「故郷スイスの村のぬくもり」

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for アルベール・アンカー 「故郷スイスの村のぬくもり」

このイベントは終了しました。

19世紀スイスの自然主義の画家アルベール・アンカー(1831-1910年)。日本ではあまり知られていませんが、国民的画家として本国では大変な人気を誇っており、その作品は多くの美術館に所蔵されています。アンカーは、パリに30年も暮らしていたにもかかわらず、故郷の村の人々や日々の暮らしを描き続け、とりわけ「アルプスの少女ハイジ」を思わせる少女像は定評があります。スイスの人々の心を捉えて離さない情景は、私たち日本人が見てもどこか懐かしく、ぬくもりを感じさせます。本展は、ベルン美術館の協力により、油彩を中心に素描も含め100余点の作品で構成され、回顧展として日本で初めて本格的にその画業を紹介します。

[画像: 「少女と2匹の猫」 (1888年) 油彩・キャンヴァス 個人蔵]

メディア

スケジュール

2007年12月01日 ~ 2008年01月20日
1月1日(火・祝)のみ休館

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use