「浮絵 − 江戸のパースペクティヴ」展

太田記念美術館

poster for 「浮絵 − 江戸のパースペクティヴ」展

このイベントは終了しました。

浮絵とは、西洋の透視遠近法(パースペクティブ)を導入して、空間の奥行や距離感を強調した絵のことで、江戸時代の中期、八代将軍徳川吉宗の時代に大流行しました。浮絵という名の由来は、前景が画面の手前に浮いたように見えることから付いたものです。また逆に遠景が窪まって見えることから「くぼみ絵」とも呼ばれました。

はじめて浮絵を描いた絵師は、自ら「浮絵根元」と名乗った奥村政信(1686-1764)といわれ、また同時代に活躍した西村重長(?-1756)も浮絵を得意としました。しかし、まだ彼らの時代は遠近の処理が未熟で、歌舞伎小屋の内部や妓楼の座敷といった室内空間が主でした。その後、歌川派の開祖・歌川豊春(1735-1814)が出て、自然な遠近処理で屋外の広大な風景もあらわすことができるようになるなど、飛躍的な発展を遂げました。また、葛飾北斎(1760-1849)も浮絵の発展に大きく寄与し、多くの浮絵を制作しています。

今回の展覧会では、構図を分析した図もまじえながら、政信、重長ら初期の浮絵から、北斎などの江戸時代後期の作品まで約80点を紹介し、浮絵の遠近表現がどのように発展していったか探ってゆきます。

[画像: 鳥居清忠 「鶴亀貢太平記」]

メディア

スケジュール

2007年10月02日 ~ 2007年10月26日
休館日: 月曜日(10月8日を除く)、10月9日(火)

アーティスト

葛飾北斎歌川豊春西村重長奥村政信

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use