「ねむの木のこどもたちとまり子」展 

森アーツセンターギャラリー

poster for 「ねむの木のこどもたちとまり子」展 

このイベントは終了しました。

日本初の肢体不自由児療護施設「ねむの木学園」(掛川市、宮城まり子学園長)の生徒54人による作品展。

これまでにパリやニューヨークなど世界中で500万人を魅了してきた作品展。今年4月6日に設立40年を迎えることを記念し、森アーツセンターギャラリーにおいて展覧会を開催します。学園ではこどもに絵の描き方を教えることは一切していません。こどもたちはただ感覚を集中して絵を描きます。こどもたちの豊かな感性に包まれた「ねむの木」の世界をお楽しみ下さい。

メディア

スケジュール

2007年06月01日 ~ 2007年07月01日

Facebook

Reviews

ramarama: (2007-07-01 at 11:07)

特に、やましたゆみこさんの絵がすごくかわいくて、
部屋に飾りたい、欲しい、と思いました。
お花とか、きのことか、魚とか、
ハンドバッグとか、傘とか、同じものが
(時には同色で、時には色違いで)みっちり描かれているの。

http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use