ブルーノ・タウト 「アルプス建築から桂離宮へ」

ワタリウム美術館

poster for ブルーノ・タウト 「アルプス建築から桂離宮へ」

このイベントは終了しました。

桂離宮を<再発見>したことで知られるドイツ建築家ブルーノ・タウト(1880-1938)。彼の建築や工芸ばかりではなく、その思想や理念が、今ふたたび注目を集めています。

ベルリンではタウトの設計したジードルンク(集合住宅)の修復が進められ、70年余ぶりに当時の鮮やかな色彩が忠実に復元されました。統一後の大規模な再開発が一息ついたベルリンでは、この20年代の中産階級のためのジードルンクの豊饒な空間が再評価され、現在ユネスコの世界遺産として登録が予定されています。

日本でも、タウトが来日中に設計した『熱海・日向邸』(1935-36)の一般公開が始まり、ワインレッドのシルクの壁に包まれたエレガントなインテリアが人気を集めています。日本を愛し、各地を見聞し著された『ニッポン』や『日本文化私観』などの著作は、日本人のための日本文化の手引きとして、今も広く読み続けられています。

20世紀初頭、タウトは、日常生活、社会生活、そして純粋な精神生活という3要素を融合させたとき初めて完璧な世界となるというユートピア思想をかかげていました。1933年、日本を訪れ、そこでクリエイターや職人たちと出会い、日本の伝統や美意識を体験します。それらはタウトの思想をどのように発展させていったのでしょうか。

今回の展覧会のために、タウトの作品約170点が、ベルリンを中心としてドイツ全国8ヶ所、さらに日本全国6ヶ所から集められました。タウトの思想の新しい解釈に基づいた3つのコンセプトに沿って展示は次のように構成されています。

第一部 芸術の役目「建築芸術のユートピア」
第二部 自然と芸術「ブルーノ・タウトと日本の友人たち」
第三部 エレガントな生活「日向邸と工芸」

関連イベントに関しては、ウェブサイトをご覧ください。

メディア

スケジュール

2007年02月03日 ~ 2007年05月27日

アーティスト

ブルーノ・タウト

Facebook

Reviews

Yuya Suzuki tablog review

ブルーノ・タウト 「アルプス建築から桂離宮へ」

「派手な色彩の空間装飾がなぜタウト展にある?」ワタリウム美術館で現在行われている《ブルーノ・タウト展-アルプス建築から桂離宮へ》の第一印象がこれである。日本でよく知られている外国人建築家の中でも、日本固来の様式に合わせ、空間造形を行おうとしたのはおそらくブルーノ・タウトのみであろう。

snize: (2007-04-24 at 15:04)

見てきました。
おもしろかったけど、資料を全部読んでいたら
疲れてしまいました。
パスポート制なので会期中にもう一度行きたいと
思います。

frf_momo36: (2007-05-15 at 23:05)

文字資料が多くて疲れたけど、タウトがいかに建築を手がけていったか、日本を愛していたか、アーティストとしての理論とか哲学とかがじんわり伝わってきた。
タウトという建築家というか、タウトという人間が好きになった。
平日なら16時から展示解説を30分ていどでしてくれるので気軽に見られる。
地下にあるタウトが撮った写真もおすすめ。

donald_japantimes: (2007-05-17 at 12:05)

Japan Times Art Brief
By Ashley Rawlings

Taut spent some of the last decade of his life in Japan, and his love of the country's culture can be felt clearly in his small, contemplative ink drawings of Mount Fuji and Matsushima Bay ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070517b2.html

northeast: (2007-05-20 at 16:05)

会期も残り少ないですが、行って損はしません。
ジードルングと同じ塗料で塗られた展示壁といった展示構成の面白さと、最近発見されたアルプス建築の原画が見て面白いところでした。
確かに文章の解説が多く、チョッと疲れるのが難点といえば難点。
http://northeast.asablo.jp/blog/2007/05/20/1519276

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use