「ゴス」展

横浜美術館

poster for 「ゴス」展

このイベントは終了しました。

そもそもゴスという名称は、12世紀〜16世紀にかけてヨーロッパで拡がりを見せた芸術様式の「ゴシック」に由来する。ただし現代のゴス・カルチャーは、中世のゴシック文化から直接影響を受けたものではないどころか、ほとんど無関係といっても過言ではない。むしろ、中世ゴシックのリバイバルとして展開した19世紀イギリスの中世懐古趣味から生まれた幻想的文学を直接のルーツに持つものである。そこから転じて、現在では、幻想的・怪奇的なもの、死や夜、病的なもの、狂気、トランスジェンダー、装飾過剰なイメージなど、健康的で保守的な価値観とは対立するような趣味一般を指すものとして捉えられていると言えよう。
こうしたポップ・カルチャー全般におけるゴスの隆盛は、いわゆるファイン・アートの領域からは一線を画して展開しているものである。しかしながら、ともすれば悪趣味といえる過剰さ、異形の生物や変容する身体の表現、 皮膚、体液など局所的な肉体の要素を通して自己のアイデンティティーを見つめ直そうとする表現など、現代の作家たちが取り入れているいくつかのモチーフや表現の中には、「ゴス/ゴシック」に通じる要素が存在する。これらは、単なる退廃趣味といった表現のスタイルとしてあるのではない。むしろ、それらゴス/ゴシック的な表象の中に、世の中の保守的な趨勢から逸脱していこうとする者たちにとってのリアリティを認め、その攻撃的に見える表現とは裏腹のイノセントさ、儚さが隠されているといえよう。
翻ってみれば、ポップ・カルチャーにおけるゴス/ゴシックもまた、今や単純なスタイルを超えて、ある種の生き方を示す用語としても機能している。タトゥー、ピアッシングなどの身体改造、死や病に向けられる視線は、単なる趣味ではなく、保守的な世界に立ち向かおうとする自己表現のありようそのものなのである。
本展では、世界的な活動を展開する6組のアーティストによる立体、絵画、映像、写真作品、約200点を通じて、現代美術におけるゴス/ゴシックを紹介する。現代美術の領域で高い評価を受けている彼らの作品は、若い世代を中心に世界的な共感を呼ぶゴス/ゴシックの本質について、あらためて考えるきっかけを与えてくれるに違いない。

アーティスト・トーク1
2007年12月23日(日)14:00〜17:00(開場13:30)
アーティスト:イングリッド・ムワンギ・ロバート・ヒュッター/ Dr. ラクラ/ リッキー・スワロー
会場:横浜美術館円形フォーラムおよび展示室 (逐次通訳付・聴講無料)
※当日有効な企画展チケットが必要です。

アーティスト・トーク2
2008年2月11日(月・祝)14:00〜16:30(開場13:30)
アーティスト:束芋/ 吉永マサユキ
会場:横浜美術館円形フォーラム(聴講無料)

パフォーマンス:ピュ〜ぴる「Secret no,4 - SRS -」
2008年3月22日(土)15:00〜
会場:横浜美術館グランドギャラリー
※会場は変更される場合があります。

その他レクチャー等詳細に付きましては美術館HPをご覧下さい。

[画像: リッキー・スワロー「Younger than Yesterday」(2006) リンデン、ティキ・アテンシオ・デミルジャン氏蔵]

メディア

スケジュール

2007年12月22日 ~ 2008年03月26日
休館日: 木曜日(1月3日、3月20日は開館)、12月29日~1月1日、3月21日

Facebook

Reviews

Aneta Glinkowska tablog review

Goths at the Yokohama Museum of Art

The "Goth" exhibition at the Yokohama Museum of Art brings together artists from five different countries and examines contemporary practice related to the Gothic style.

Aneta Glinkowska tablog review

Creating a Myth: Conversation with IngridMwangiRobertHutter

Ingrid of the artistic personality known as "IngridMwangiRobertHutter" talks about the myth around it and the installation she brought from Germany for the "Goth" exhibition.

Makoto Hashimoto tablog review

「ゴス」展 オープニング

横浜美術館にて、現代美術におけるゴス/ゴシックを紹介する展覧会がオープニングを迎えました

donald_japantimes: (2008-01-03 at 17:01)

A new challenge to old traditions
Dr. Lakra inks in his own interpretations of ukiyo-e
By Manami Okazaki
Special to The Japan Times

A blasphemous reworking on the ¥50,000 originals — including a print by Edo Period (1603-1868) artist Utagawa Kuniyoshi — Lakra drew in ink Los Angeles-style gangster tattoos of praying hands, marijuana leaves, skulls and pinup girls onto the print's subjects ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080103a1.html

voidchicken: (2008-01-29 at 10:01)

http://bookvoid.jugem.jp/?eid=28
Mighty Boosh 的ゴス展の予習

hiraking: (2008-02-25 at 21:02)

http://blog.hiraki.jp/archives/2008/02/24-160450.php
ゴス展を見てきたので覚え書きをしておきました。

yourboringandpatheticart: (2008-03-02 at 23:03)

This show starts off with a BANG and peters out with a sad sad whimper. The first 2 artists hold your attention well with their work, craft and content. Ricky Swallow handles his materials very well (except his very poorly executed paintings which he seems to have killed very dead) His juxtaposition of the barnacles on the skull was very thought provoking and remindful not simply of death but our greater disposability or that nature can be just as blind to our existence when it looks for a place to make home. Using these"sacred" relics of humanity and rendering them as foot rests (the top of a cranium in one carving)
challenges the notion of the wonders of being human. Then we have Dr. Lakra who does a great justice to the ORIENTAL BAZAAR later Ukiyoe prints. There is a great wit and reading his inscriptions on the pieces he has a greater knowledge of Japanese history and culture than many who splash around in Japanese history. His constructions were very interesting and innovative. There seemed to be a dialogue with relics in a manner that i have not seen before. The interaction treated the sanctity and being of the older pieces revering them yet re-owning them with his unmistakable marks. His murals seemed ordinary though. The next room was the video version of hiromix. A young pretty girl makes lack-luster work and projects it BIG BIG BIG, it could have been better served to include Tenmyouya Hisashi in this space. Then the show falls apart we enter into the Fruits space of stupidly simple photography where the subject and medium do all of the work. Before we were looking at the artists' contribution to the image or subject but this cameraman cant find any interesting way to photograph these people so he chooses the pretty ones and does the I don't need to think of anything because the people are dazzling thing with banal straight forward shots. When he has some of them in their rooms they are where? but in the center of course! hmm that is unique. He condemns these poor souls back into the mediocrity they are trying to escape. IngridMwangiRobertHutter's piece was wonderfully installed and i think they chose the grey wall coloring- an excellent departure, I liked the sugar cubes but the videos crept too slowly to maintain my attention- was that blood or wine with cornstarch?- If the latter I do not appreciate the switchout. (Again no need to put the object- meat- in the CENTER, we get it let us discover some things) then the final person who wasted his whole sex-change operation on technically proficient images but visually dull and obvious snapshots. Where were the obvious candidates for this show? Where was Andrew Guenther, Banks Violett, Sue Debeer Ron Mueck or Demain HIRST?,..

kotosa: (2008-03-03 at 03:03)

yourboringandpatheticart, your analysis of this show is quite interesting! Thank you.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use