「Harajuku Performance + (Plus)」展

ラフォーレミュージアム原宿

poster for 「Harajuku Performance + (Plus)」展

このイベントは終了しました。

日本のダンスシーンはこれまでにない盛り上がりを見せています。多様な要素をミックスしたもの、毒のあるもの、ダサかっこいいもの、きもカワイイものー日本独自の自由な発想と感性で、新たなスタイルや表現方法が次々と生み出されています。これはダンスに限ったことではありません。アート、音楽、演劇などのパフォーマンスも進化を続け、もはや既存のジャンルでは括ることのできない新たなものが次々と登場しています。
「Harajuku Performance +(Plus)」ではコンテンポラリー・ダンス、ストリート・ダンス、音楽、演劇、現代美術、お笑いなどに至るまで、体を駆使して表現する多彩なパフォーマーを世代や枠組みを超えて横断的にセレクト、その作品をオムニバス形式で次々と紹介するパフォーマンス公演です。出演するのは計10組。「グルーヴ感溢れる身体表現」。これをキーワードにセレクトしました。各シーンを沸かす実力派から注目の気鋭まで、幅広いラインナップでパフォーマンスの最先端を集結させます。また、本公演の開催期間中、ラフォーレミュージアム原宿館内にて20代の6人組で、2005年に結成された注目のアート・ソルジャー、Chim Pomの特別展示も行います。

12月22日 開場18:30/ 開演 19:00
12月23日 開場13:30/ 開演 14:00, 開場17:30/ 開演 18:00
*ドラびでおは22日のみ、宇治野宗輝&ASA-CHANGは23日のみ出演。

メディア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use