「デザイナー誕生: 1950年代日本のグラフィック」展

印刷博物館

poster for 「デザイナー誕生: 1950年代日本のグラフィック」展

このイベントは終了しました。

戦後の混乱がようやく落ち着き始め、高度経済成長へと向かった日本の1950年代。デザインは社会において、特に経済・貿易活動のなかで急速に注目されていきました。伝統工芸品はもとより工業生産品といった、「ものづくり」に関わるデザインは、確実に日本の経済を支えるパーツの一つとして重要視され、産業活動に組み込まれ成長します。
本展は、1950年代を戦後デザインの土台を築いた時代ととらえ、そこで繰り広げられたグラフィックデザインの諸相を、ポスター、新聞・雑誌広告、冊子、包装紙・パッケージ、書籍などと関係資料合わせて500点を通じてご紹介するものです。

シンポジウム
6月8日(日)14:30-16:00
「'50年代の文化とデザイン」
柏木博(武蔵野美術大学 教授)
高島直之(武蔵野美術大学 教授)
森仁史(デザイン史研究家)

メディア

スケジュール

2008年04月19日 ~ 2008年07月06日
休館日: 毎週月曜日(ただし、5月5日は開館)、5月7日

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

Branding the Mid-Century

From Meiji chocolate to nuclear energy — The Printing Museum showcases key examples of graphic design from the 1950s.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use