「存在しない都市」展

Gallery within assistant

poster for 「存在しない都市」展

このイベントは終了しました。

「ABSENT CITY: 存在しない都市」は、空間として表現される都市の見聞録である。「私は誰で、ここはどこか」を問いながら、ある実体の体験をともなって記述された物語の中では、予言調和的に、過去は延長され、未来は繰り返し登場する。この物語の舞台は、見知らぬ人物と知人の間、風景と記憶の間、街路とそこで起こる出来事の間、聴こえる音と音楽の間、他愛ない会話と語られた思想の間、予言と実現の間、感覚と自覚の間、延長された過去と通り越した未来の間である。物語は作者である松原慈の一人称に始まるが、見聞録の領域は拡張し、私的な設定から都市の記述へと発展する。この物語の要素は、作者の私性に、取り込まれた他者性が加わり、さらに、写真家、音楽家、画家、建築家、易者、学者が巻き込まれ、文脈が形成され、私的なフィクションの取り込まれた現実へと展開していく。物語の筋書きは、現実と予言の間を浮遊しながら、およそ自動的に進行する。展覧会は、形を自在に変形し、くり返し開催され、物語の章立てを更新しながら物語に取り込まれていく。

第一回目の本展では、都市が翻訳され伝聞され、多様な状況が重なり合う現在進行中の見聞録から、2008年1月から5月までに描かれたエピソードが、ひとつの空間環境として再現される。展覧会を通じ、すでに走り去った東京の未来を呼び戻す。

-レセプション: 6月6日 (金) 19:00~

メディア

スケジュール

2008年06月07日 ~ 2008年06月12日
開催時間: 11:00~18:00

アーティスト

松原慈assistantSebastian MayerILPO

Facebook

Reviews

James Way tablog review

Designing the Hidden, Hiding the Obvious

Megumi Matsubara of architecture unit Assistant discusses how her her latest ongoing project “Absent City” came together.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use