「竹久夢二 子どもの世界」展

竹久夢二美術館

poster for 「竹久夢二 子どもの世界」展

このイベントは終了しました。

現在では大正時代を代表する美人画家として名高い夢二ですが、明治以降の児童文化の形成において、雑誌等の出版物を通じ、子ども向けの数多くの作品を残したことは、夢二の業績の中でも特筆すべき一面であります。
その作品は、雑誌や絵本にみられるイラストレーション類をはじめ、創作童話や童謡等の児童文学をも含んだ多彩なものであり、そこには夢二自身の少年の日や彼の三人の息子たち、また多くの子どもたちの生活や内面を捉え、誰もが過ごした幼き日々を豊かに表現しています。
本展では、夢二の童画・児童文学に関する作品を中心に250点余りを展示紹介していきます。 多くの子どもたちに贈られた夢二芸術の魅力を感じて頂ければ幸いです。

-学芸員によるギャラリートーク
日時: 7月13日 (日)、8月10日 (日)、9月14日 (日) 15:00〜16:00 (申込み・参加費不要)

[画像: 「ことり」 (1927)]

メディア

スケジュール

2008年07月04日 ~ 2008年09月28日

アーティスト

竹久夢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use