「八犬伝の世界」展

千葉市美術館

poster for 「八犬伝の世界」展

このイベントは終了しました。

曲亭馬琴(1767-1848)が、文化11年(1814)から天保13年(1842)までの長期にわたって執筆、刊行した読本『南総里見八犬伝』は、善悪入り乱れて様々なエピソードが繰り広げられる、全98巻106冊に及ぶ我が国最大の長編伝奇小説として知られています。
まもなく歌舞伎の題材として取り上げられ、関連する浮世絵なども多く制作されました。世代を問わず人々を夢中にさせた八犬伝の世界は、まさに江戸時代後期の文化を集約したものと言ってよいでしょう。
その人気は、明治時代以降も連綿と続き、現在に至るまで美術、文学、漫画、映画、演劇などの題材として取り上げられています。
原作を読む機会がなかったとしても、NHK人形劇『新八犬伝』や市川猿之助のスーパー歌舞伎「八犬伝」などで、物語に親しんだ方も多いことでしょう。

2008年は馬琴没後160年に当たります。本展覧会は、服部仁氏の八犬伝浮世絵コレクションを中心に、馬琴の資料、近代日本画、現代の歌舞伎、少女漫画に至るまでの多彩な作品約250点を通して、現代にも通じる「八犬伝の世界」の魅力を探るものです。

メディア

スケジュール

2008年09月13日 ~ 2008年10月26日

Facebook

Reviews

henacyoko: (2008-10-20 at 23:10)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use