西尾康之 「ドラウン」

山本現代

poster for 西尾康之 「ドラウン」

このイベントは終了しました。

「Transform-変態-」、「優麗」に続け、山本現代で3度目になる西尾康之の個展は、溺れることを意味し“DROWN”と題しています。

西尾は幼少時に海で溺れかけたことがあり、その後、人命に不可欠な物質でありながら命を奪う恐ろしい対象でもある「水」の脅威に悩まされ、心の安堵を求め続けて至った結論は「魚になること」でした。水の中で呼吸できるようになれば、水と死のつながりが解かれ、恐怖から抜け出せると考えたのです。今回の作品は、人類が水棲化する過程を立体化しようとしたもので、「人魚」がテーマとなっております。人魚といっても民話的なプロポーションを持っているものではなく、まだ完全には水に適応していない人類として、進化論的なリアリズムを追求した作品です。

今回の展示では会場を海と見立て、全長3mの「人魚」が浮かびます。その他にも、新作の平面作品、また今年インドネシア“KITA”展で発表した人魚“Drawn -The Sands”も凱旋いたします。

メディア

スケジュール

2009年01月10日 ~ 2009年02月07日

オープニングパーティー 2009年01月10日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

西尾康之

Facebook

Reviews

emgraphica: (2009-02-04)

死体だなんて写真で見る限りでは怖いけど、実際に見れば何か発見があるかもしれない。

http://emgraphica.txt-nifty.com/log/2009/02/drown-95a5.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use