チャールズ・イームズ 「100 images × 100 words」

アクシス ギャラリー

このイベントは終了しました。

20世紀のデザイン史・建築史に、輝かしい足跡を残した米国のデザイナー、チャールズ & レイ・イームズ。特に工業デザインの分野へ大きく貢献したイームズは、自身が撮影した膨大な写真(コレクション75万点を米国議会図書館が所蔵)でも知られています。

チャールズ・イームズの生誕100周年を記念して、イームズ・ギャラリー(米国・サンタモニカ)をはじめ、オーストラリア、インド、北京を巡回している本展では、これまで展覧会として公に紹介されなかった彼の写真から100点を、彼の遺した100の言葉とともに紹介します。写真は、彼にとって単に物事を記録するものではなく、デザインプロセスの一部でした。歴史に残るプロダクトが生まれた背景には、ファインダーを通した客観的な視点による判断があったのではないでしょうか。イームズ・オフィスによりセレクトされた100点の写真は、日常生活、仕事、旅行など、その切り口はさまざまですが、そこには常に、イームズの鋭い観察眼が見てとれます。
なお、イームズ・オフィスが制作した「チャールズ・イームズの100の名言」(本展限定ブック)を、先着2,500名の来場者に配付いたします。20世紀が生んだ偉大なデザイナーのメッセージは、時代を超えて、現代に生きる私たちに多くの示唆を与えてくれることでしょう。

メディア

スケジュール

2008年05月20日 ~ 2008年06月08日 17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use