岡鹿之助 展

ブリヂストン美術館

poster for 岡鹿之助 展

このイベントは終了しました。

30年前に世を去った洋画家・岡鹿之助(1898-1978)は、花瓶や籠にいけられたパンジー、森の中の古城、空を背景にくっきりと立つ燈台、雪景色にひっそりたたずむ発電所などで、多くの人々に愛されてきました。これらの題材は、岡が終生を通じてこだわり続けたものです。1920年代のパリやブルターニュで築かれた岡の技法と作風は、1939年に帰国した後も、生涯にわたって大きく変化することはありませんでした。しかし、制作上の果敢な冒険や、より高い完成へ向かおうとする情熱を私たちは見逃すことができません。この展覧会では、岡が大切にした題材ごとに9つの章をもうけ、初期から晩年までの作品を各章ごとにたどることで、この画家の魅力をもう一度考えてみたいと思います。

[画像: 「雪の発電所」 (1956)]

メディア

スケジュール

2008年04月26日 ~ 2008年07月06日

アーティスト

岡鹿之助

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use